田舎から東京に出てきて驚いたこと 都会から田舎に行って驚いたこと

公開日: : らいとめNews, 生活

――田舎から東京に出てきて驚いたこと 反対に、都会から田舎に行って驚いたこと

田舎から東京に、また、都会から田舎に行けば驚くことはありますよね。

そんな「びっくりした」コトのまとめ!色々なカルチャーショックがあるみたいですね。

田舎から東京に出てきて驚いたこと

■田舎から東京に出てきて驚いたこと 7選

1:駅と駅の間隔が短い

電車に乗ったと思ったら1分くらいで次の駅に・・・!

田舎では隣の駅まで15分とかかかりますよね。都会はかなりのペースで電車が止まります。

そんな小刻みに止まる必要があるのか…と驚きます。

2:不良やヤンキーがいない

田舎では、コンビニや駅前にヤンキーなどがタムロしていることも多いですが、都会では見ないですよね。

ジャージやスウェットで歩いている人もいなければ、暴走族もみない。

都会の方が案外平和なのか・・・?と出てきた人は思うことも。

3:夜でも人がたくさん・・・!

田舎では夜の8時くらいにはすでに人がほとんどいなかったり…。県庁所在地でも誰もいないこともザラ。

都会は深夜になっても人がたくさん。

最初はにぎやかで楽しい気分になるかもしれませんね。

4:駅から出られない

出口や入り口が多すぎ、地下なのか地上なのか分からない場所、私鉄やらの境界、デパートへの入り口…。

色々ありすぎな東京の駅はまるで迷宮。1ヶ所しか入り出口がない田舎の駅に慣れていると、最初は迷うこと必至。

新宿は実際ガチでダンジョン・・・。

5:牛丼が美味い

吉野家や松屋などの牛丼屋さん。

都会では見慣れた光景ですが、格安で美味しい牛丼は田舎ではあまり見かけないもの。

最初に食べたときには、安いのに美味しい!と驚く人も多いみたいです。

6:100円で最新のジャンプが買える

新宿や渋谷の路上では、発売日に最新のジャンプが100円で売ってること。

当時の貧乏なときには、路上のおっちゃんから買っていた、という人もいるようです。

7:オタクってマジでいるんだ…

マスコミが作ったネタかと思っていた、実在するとしてもほんの少しだと思っていた、しかし秋葉原に行ったらオタクだらけでびっくり。

「すごい、本当にいるんだ!」と思った人も結構いらっしゃるようです。

■都会から田舎にいって驚いたこと

反対に、都会から田舎に行って驚いたこともいくつか紹介。

都会から田舎にいって驚いたこと

1:コンビニの駐車場がだだっ広く、大きなトラックが停まっている。

コンビニに限らず駐車場が広いのは”あるある”ですね。田舎の地価の安さならでは。

2:繁華街と言われてる所がコンビニだらけ

コンビニ以外24時間空いてるようなお店がないから、街=コンビニ周辺になりやすいのかもしれません。

3:建物が横にでかい

都会は縦にでかい。見上げるような建物は滅多にありません。

4:パチンコ店が多い

確かに多いですよね。パチンコ屋の横にパチンコ屋とかありますからね・・・。

5:運転代行車がたくさいいる

都会では、終電が遅かったり、交通手段が多い。

さらには、車で移動している人がそもそも少ないのもあってか、代行は少ないですね。

田舎は飲み屋近くの道路にずらーっと並んでいたりします。

6:お年寄りが何を言っているのか全く分からない

方言や昔の言葉が多く、聞き取れない場合も。

これは都会でもなくはないようにも思いますね。

7:少し出れば圏外、そして熊鹿狸の飛び出し注意標識

山に入れば圏外、峠を越えようとすれば圏外、海沿いで圏外・・・。「携帯使えます」の看板を初めてみたときにはさすがに驚いた。

野生動物の飛び出し注意の標識も田舎ならではですね。

8:小学生に「こんにちは」と挨拶される

住民との繋がりのようなものは田舎の良い点だと思います。

挨拶もない都会の方が寂しいものかもしれませんね。

■まとめ・感想

以上、田舎→都会 都会→田舎 に行って驚いたことのまとめでした。

どちらも良い点、悪い点はあるとは思いますが、カルチャーショックを受ける内容が面白いですねw

あなたはどんなことに驚いたことがありますか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑