日本で本物のオリーブオイルはほとんどない?「JAS法」ではエキストラバージンの規格なし

公開日: : らいとめNews,

――日本で本物のオリーブオイルはほとんどない?「JAS法」以外に規制なし

日本で販売されている「エキストラバージンオリーブオイル」と言われているもののうち、本物といえるものはほとんどないのが現状。

実は世界規模でエキストラバージンの偽装が蔓延しているとのことだ。

エキストラバージンオリーブオイル

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9359378/

■エキストラバージンオリーブオイルの大半は”偽物”?

日本の「エクストラヴァージンオリーブオイル」には本物が少ないのが現状なのだという。

日本オリーブオイルソムリエ協会理事長・多田俊哉はオリーブオイルの現状を話す。

健康志向に伴って、需要が拡大しているオリーブオイル。その中でも生の実から油分だけを搾り取った「バージンオリーブオイル」のうち、最高品質の「エキストラバージンオリーブオイル」は大人気だ。

「オリーブオイルの成分は、7~8割がオレイン酸で、動脈硬化などを予防することが知られています。エキストラバージンに限っては、さらにポリフェノール類やビタミンEなどが抗酸化作用を持ち、老化防止や美容効果をもたらします。しかし偽造品だと、そうした恩恵はありません」(多田さん:以下同)

“偽造品”と話すオリーブオイルとはどのようなものなんだろうか。

そもそもエキストラバージンとは、EUと、オリーブオイルの生産国約20カ国が加盟する『国際オリーブ協会』という機関が制定した等級のもの。

化学検査と、テイスティングによる官能試験を経て、酸敗臭や発酵臭などがまったくないものだけが認められるのだという。

そのためエキストラバージンと呼べるものは、オリーブオイル全体の2割程度。傷んだ実を使っていたり、オイルが酸化したりしたものは、すべてそれ以下の等級になる。

「その一方で、消費者が欲しがるのはエキストラバージンばかり。そこで、賄賂などの不正が横行し、粗悪な『名ばかりエキストラバージン』が出回るようになったのです。腐った実を搾ったり、古いオイルに新しいオイルを混ぜて偽装をしたり、これらがいまも世界中へ輸出され、日本でも売られているのです」

このような現状の原因として、日本における油の規格は、農林水産省が定めるJAS法のみで、エキストラバージンに関する規制はないことが挙げられる。

業者から言われるがままに「エキストラバージン」として扱っており、そのため、ラベルから「本物」を見極めるのは不可能だという。

「頼りになるのは味覚と嗅覚のみ。だから、本物の味を知っていただくしかないのです。本物のエキストラバージンの味を知るには、オリーブオイルソムリエのいる売場でテイスティングをしてください。また、世界21カ国400種のオリーブオイルを、世界中の専門家が消費者目線で審査する国際コンテストを、日本でも’12年から実施しています。受賞した品を検索してみるのも、購買の参考になります」

本当のエキストラバージンの見極めは難しそうであり、健康のために使用するのであれば、そのあたりにも気を使う必要がありそうだ。

■ネットの反応

知らなかったな…。安物はほとんど偽物なんだろうなあ・・・。

便秘対策でオリーブエクストラバージンオイルを飲んでいたことがあったけど国やメーカーによって味や風味が全然違うのには驚いた!偽物かどうかは素人にはわからないなぁ

もこみちが使ってるのは本物なのかな?w

どうもエキストラが多すぎるとは思ってた。今使ってる安いPBもエキスだし・・。純粋はちみつの世界みたいなもんか

まがい物だらけだってのは結構前に日経ビジネスオンラインの連載コラムで指摘してたな

やっぱり。普通のスーパーに大量に売っているから可笑しいと思いました。料理用と割り切って使っていましたw 本物は美味いぞ。バニラアイスに塩と一緒にかけると美味いぞ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑