パスタを◯◯にする裏ワザ3選 「中華麺に」「生パスタに」「お酒のおつまみに」

公開日: : らいとめNews,

――”パスタ”を◯◯にする裏ワザ 3つ

日持ちするし、値段も安い(乾燥)パスタは常備しているという人も多いのではないでしょうか。

ミートソースやクリームパスタなどはもちろん美味しいのですが、たまには変わり種を食べたいこともあるのでは?

そこで、パスタを◯◯にする裏ワザが紹介されていたので、ご紹介。

たまにはアレンジレシピとして試してみるのもいいかもしれません。

"パスタ"を◯◯にする裏ワザ 3つ

参考元→http://www.biranger.jp/archives/128540

■パスタを◯◯にする裏ワザ3選

1:パスタを中華麺に!

味も見た目も違うパスタと中華麺ですが、重曹ひとつで中華麺のように変えることができます。

やり方は簡単で、沸かしたお湯に重曹を大さじ1を加えて、あとはパスタをいつものように茹でるだけ。

これで茹で上がりは、見た目パスタのまま、中華麺独特の匂いや味になります。

中華麺の独特の香りや味というのは、“かん水”と呼ばれるアルカリ塩水溶液のおかげであり、重曹をお湯に溶かすことで同じような状態が作られるので、このような裏ワザになるそうです。

ちなみに、重曹の量が多いとより中華麺に近づき、少ないとあっさりとした味に。ぜひお試しあれ。

2:乾燥パスタを生パスタのような食感に

生パスタは乾燥パスタにはないもっちりとした食感があり美味しいのですが、家庭で用意するのはなかなか難しいもの。

そこで、乾燥パスタを生パスタのような食感にする裏ワザ。

鍋などに水をはって、そこに乾燥パスタを入れておいて1時間ほど置きます。その後は、普通のパスタと同じように茹でてパスタを作るだけ。

寝かせている間に麺が水分を吸収するので、モチモチした食感に。太めのパスタで作れば、カフェなどで出てくる生パスタ風に仕上がりますよ。

水につけた後の麺は、互いにくっつきやすいので、茹でるときにくっつかないように気をつけてください。

3:パスタをおつまみにする

最期はパスタをお酒のつまみにする裏ワザ。

乾燥パスタを手で半分の長さに折り、中温程度の油にそのまま入れて5分ほど揚げるだけ。

揚がったら油をキッチンペーパーで切って、熱いうちに塩やガーリックパウダー、コンソメパウダーを振れば完成です。

ポリポリっとした食感が美味しい、簡単おつまみになります。

■ネットの反応

ためしてガッテンでやってた

焼きそば作りたいけど、めっちゃこびりつきそう

それよりも重曹なら、湯どうふと油揚げ足したやつに重曹入れるとフルフルになって美味しいぞ

ジャージャー麺の素でも買ってかけてみるかな

妙にストレートな生麺になった。鍋の〆にいいよ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑