中国・北京国際マラソン、PM2.5による大気汚染により「マスク着用」「途中棄権」する選手が続出

公開日: : らいとめNews, スポーツ

――中国での国際マラソン、PM2.5による大気汚染により「マスク着用」「途中棄権」する選手が続出

19日、中国の北京で約3万人が参加する「北京国際マラソン」が行われた。しかし、PM2.5による大気汚染のレベルは最悪となり、スタート地点ではマスクをしたランナーの姿が目立ち、途中棄権する選手も続出した。

厳しい条件の中でのマラソン大会に、批判の声も多い。

北京国際マラソン

参考元→http://www.news24.jp/articles/2014/10/19/10261695.html

■北京国際マラソン、大気汚染で厳しい環境下で行われる

19日開催の北京国際マラソンが、大気汚染により非常に厳しい環境でのマラソンとなっている。

スタート地点の天安門広場周辺では、19日の朝はPM2.5の濃度が1立方メートル当たり363マイクログラムであり、気象当局が外出に注意・自粛を呼びかけるという最悪の汚染レベルであった。

マスクをしているランナーや途中棄権の選手が目立つマラソン大会となった。

 

北京国際マラソン 画像1

北京国際マラソン 画像2

北京国際マラソン 画像3

最早、命がけ・・・?

■ネットの反応

こんな状況で開催するなよ・・・。命がけでマラソンしなきゃならん理由がよく分からん

こんなんコントじゃん。たまに深夜でやってるビートたけしのコントレベルだよ。それをやるって中国本当に気狂ってる。

なにこのバツゲーム。仁川アジア競技大会といい、劣悪な環境でのスポーツ競技が流行ってるの?

19日、世界保健機関(WHO)の安全基準値の16倍のPM2.5の中で、3万人の肺を大気浄化クリーナーとする実験が行われた。

これは参加しちゃアカンレベルだと思うぞ…

人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として1日平均値 35μg/m3以下が日本の環境基準。年だと15μg/m3以下

日本のマスクでも防げないんだから中国のスカスカマスクで防げるわけないしそもそもこんな中でマラソンとか拷問すぎるだろ…

自主的に参加する人たちがこんなにいることに驚きだわ

本当に、これだけ参加者がいることに驚き。何の罰ゲームなんだ一体・・・。

劣悪すぎる環境でのスポーツは最早、スポーツと呼べるのか・・・

サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入 サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

白元アース
売り上げランキング : 44

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑