実写ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』、2話目にして視聴率1桁まで低下 1話切り多すぎw

公開日: : らいとめNews, 芸能

――実写ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』、2話目にして視聴率1桁まで低下。1話切り多すぎw

11日にスタートした「関ジャニ∞」の丸山隆平(30)主演の日本テレビ「地獄先生ぬ~べ~」(土曜後9:00)。

初回視聴率は13.3%と好調なスタートとなった。(14日のビデオリサーチ調べ)

しかし、18日放送の2回目の放送では、一気に視聴率が低下。1桁の7.9%にまで落ち込んだ。

来週からの3回目~以降、持ち直せるかどうかに注目が集まる。

実写ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』

一部参考元→http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/14/kiji/K20141014009089730.html

■実写ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』

90年代、週刊少年ジャンプにて連載された真倉翔氏が原作、岡野剛氏が作画の人気マンガ。

主人公の「ぬ~べ~」と呼ばれる高校教師の鵺野鳴介が超霊能力を駆使し、教え子たちを襲う妖怪や悪霊を退治する姿を描く。

11日にスタートしたドラマでは、「関ジャニ∞」の丸山隆平が主演「ぬ~べ~」を演じ、妖怪の姿や対決シーンは特殊メークやCGを使って表現する。

ちなみに、丸山はゴールデン帯の連ドラは初主演。

初回は、鬼の力を封印した「鬼の手」を持つ霊能力教師・鵺野「ぬ~べ~」は妖気に導かれるように童守高校に赴任。

「ぬ~べ~」が生徒思いで熱い正義感を持ちつつも、要領が悪く、ドジばかりで、生徒にもバカにされてしまう一方で、もう一人の新任教師は玉藻(速水もこみち)は大人気。

そんな中、生徒の一人、法子(水谷果穂・16)が自分らしさに悩んで…という展開だった。

初回の視聴率は、前クールの同枠ドラマ「金田一少年の事件簿N(ネオ)」(山田涼介主演)の12.4%だったことと比べると、13.3%と高スタートを切ったのだが、2話目で一気に低下。

今後の持ち直しに注目したい。

10/17金
11.8% 22:00-23:09 TBS 新番組・金曜ドラマ・Nのために MBS11.2
*3.7% 23:00-23:30 CX* 新番組・どぅんつくぱ・音楽の時間 KTV4.6

10/18土
*7.9% 22:00-22:54 NTV 地獄先生ぬ~べ~ ※1時間押し

■ネットの反応

知ってた。

まあ予想通りだな。話題にはなったから最初は観たけど・・・って人ばっかなんだろ

「阪神が日本シリーズに進出したから」や「世にも奇妙な物語があったから」ってのもあったかもしれんが…

低迷して今後の実写ドラマに歯止めがかかることに期待したい

元々、出落ち感の塊みたいなドラマだったしね…インパクトのみがズバ抜けた‥

むしろ7.9%もまだあったことに驚きなんだが・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑