大学入試制度、面接や討論を重視する方向へ 中教審が年内答申

公開日: : IT, らいとめNews

――大学入試制度、面接や討論を重視する方向へ 中教審が年内答申

24日、中教審の高大接続特別部会は、新たな大学入試制度の答申案を大筋でとりまとめた。

学力は、従来の大学入試センター試験に代えて導入する「大学入学希望者学力評価テスト」で測り、また、大学ごとの入試では、面接や討論を課す・重視するとして、人物を多面的に判断して入学の可否を決めるよう求めた。

大学入試 面接や討論を重視へ

大学入試 面接や討論を重視へ

参考元→http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102401002313.html

■大学入試、学力は大学入学希望者学力評価テストで 大学ごとの入試では面接や討論重視へ

中教審の取りまとめた答申案によれば、学力は大学入学希望者学力評価テスト(センター試験に代わり導入される試験)、大学ごとの入試では面接や討論を重視する方向だ。

知識を問う学力テストの点数のみで合否を判断する入試から脱却を図るのが狙いで、身に付けた知識を活用する力や主体的に学習に取り組む態度なども評価することが重要だとしている。

■ネットの反応

日本にどんどん馬鹿が増えるな…。アラフォーより上のアホどもなんとかしないと・・・

学力がないのに大学に入ってなにするのw

まず学力がなければ面接しても意味ない

学力の上でさらに、というのならまだわかるが、取って代わって面接重視なのはよく分からん

大学は実績つまないと人が集まらないからなあ。企業の就職試験が面接とかを重視している以上、内定もらえそうなやつを入れたいのは仕方ないだろ

面接・討論対策ができる金持ち・都会・進学校がますます有利になって,貧乏・田舎・中堅底辺校がますます不利になる未来しか見えない

数値で評価できないなら試験の意味ないじゃん。賢い層はますます海外へ流れるんじゃ

大学受験を就活みたいにしたいのだな。そのくせ取った学生について基礎学力が無いと嘆くところまでが一連のパターン。知識軽視はゆとりで懲りなかったのか。

そんなことよりも進級と卒業を厳しくした方がいいと思う。

就活のような方向にしたいんでしょうかねえ。面接官は大学の教授になるのだろうか。

面接官に思想とか合わせて…とかなると結構問題もあるような気がしますが…。企業なら合わないなら来ないでいいよ、でもいいかもしれないけど、大学でやるには違う気がするんだけどなあ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑