「死んだ人物を来店させないと解約できない」ソフトバンクの携帯ショップでの対応が話題

公開日: : IT, らいとめNews

――「死んだ人物を来店させないと解約させない」という仰天対応が話題に ソフトバンクの対応に怒りの声

らくらくホンの登場などもあり、今ではシニア層にも普及している携帯電話。

シニア層に限らず、日本の総人口よりも契約数のが多い携帯なので、身内が亡くなったときなどの対応については誰もが他人ごとではない話。

そんな中、故人の携帯を解約しようとショップへ行ったところ「本人がいないと無理」だと頑なに拒否された、ユーザーとしては呆れ果てる店員の対応が話題になっている。

■「本人がいらっしゃらないと解約できません」

話題になっているツイッターは以下。

公式ページの通りの手続きを踏み、解約するために死亡診断書や戸籍謄本など、ソフトバンク所定の書類を持参してショップを訪れたところ、「本人がいらっしゃらないと解約できません」という驚くべき回答が行われたそうだ。

「本人がいらっしゃらないと解約できません」1

「本人がいらっしゃらないと解約できません」2

「本人がいらっしゃらないと解約できません」3

「本人がいらっしゃらないと解約できません」4

「本人がいらっしゃらないと解約できません」5

「本人がいらっしゃらないと解約できません」6

最終的には、別の店舗であっさりと出来たとのこと。

あまりの対応に、このツイートは大きく拡散。

しかし、このツイートをみた人の中には、auでも同じような事態に遭遇したことがある人もいるようだ。

「本人がいらっしゃらないと解約できません」7

こうした、非常に理不尽な対応が行われた背景には、「携帯電話会社の公式ショップであっても、ほとんどは代理店が運営している」というのが1つあるらしい。

つまり、代理店には本店からノルマ(解約を引き止められない場合のペナルティーなど)が課せられている場合には、このような強硬な対応に出るのではないかということだ。

しかし、ユーザーにとっては関係のない話。このような迷惑な対応はなくなることが望ましい。

参考元

http://news.livedoor.com/article/detail/9397876/

■ネットの反応

こんな具合のたらいまわしシステム、証明できる人を増やす以外に、メリットがみえてこないんだけど。

ショップ対応がひどいな。ショップの権限クラスがあるってことなんだろうけど、説明してて適切なショップに回せばいいのに

ああいう窓口の連中って外部の雇われだから、時々鬼のようなクソ野郎がいる

骨壺持参とか棺桶に遺体入れてもってこいってことか。マジくそだな

まあ持たせてるだけで延々と金引っ張れる機械なんだから解約させたくないわな

本人じゃなきゃだめとか委任状とかうるさいよね。本人高齢で行けないんだけど

死亡したらもれなく銀行口座は閉鎖だし拒否する店員は頭がおかしい。

「これ本当か?」って声も少なからずあるようですが、携帯ショップならこのくらいの対応が”ありそう”だと思えてしまうことが、一番の問題点のような気がします…。

結構トンチンカンな答え返ってくる店員とかいますしね…。すぐに「ちょっと待ってください」と分からない場合も多いし・・・。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑