「オタク」かつ「リア充」が増えている?大学生への調査結果が発表

公開日: : らいとめNews, 恋愛

――「オタク」かつ「リア充」が増えている?新のリア充とも言われるその実態とは…

アニメやゲームなど趣味に本気なのが「オタク」で、恋人とのデートや、友人いっぱいでアウトドアや飲み会など忙しく過ごしているのが「リア充」。

正反対のようなイメージで使われてきた言葉だが、最近では「オタク」かつ「リア充」な人が増えてきているのだとか。

どちらも楽しめるのであれば、それこそ新のリア充なのかも?

大学生男女300人への調査結果が発表されていたのでご紹介。

オタクだけどリア充

参考元→http://news.nicovideo.jp/watch/nw1294156

■「オタク」だけど「リア充」な人ってどういう人?

大学生300人に調査を実施。「オタク」だけど「リア充」な人が身近にいるのか聞いてみた。

1:素敵な恋人がいる

「アニメ好きだけど彼女が激かわ」
「アニオタとジャニオタのカップル。どちらも趣味を認めている」
「彼氏がオタクで家に行ってもゲームかマンガ。最初はつまらなかったが、今では慣れてしまい私も楽しんでいる」

一緒に楽しんでくれる恋人がいるのは、やはり”リア充”なんじゃないかとの声が多い。

2:イケメン、爽やか、オシャレ

「オシャレ」
「高身長・高学歴・高収入」
「根暗さよりも爽やかな見た目」

趣味はオタク趣味でも見た目が爽やかなら、リア充感が一気にアップ。

ただイケというやつか・・・。

3:交友関係が広い

「アニメ好きの関係で交友関係が広い」
「オンオフがしっかり出来ていて、普段は仕事もすれば飲み会にも行く。休日にはアニメなどを楽しんでいるみたい」
「リア充グループの飲み会にも呼ばれてる」

オタク=内気というわけではない模様。

反対に言えば、コミュ障だとオタク趣味でなくとも、リア充から離れるということになりそう。

4:モテる

「フィギュアやグッズまで大量に持っていてもイケメンで彼女もいる。世の中理不尽…」
「コスプレ趣味だけど、美人でモテモテな友人。」
「アイドルのコンサートなどいわゆる追っかけだが、コンサート先で彼女まで作るほどモテる」

顔が重要過ぎるようだけど、これが可能なら、オタク趣味とか全然気にならないかもしれないですねえ・・・。

5:オタクであることがリア充?

「いつも楽しそう」
「彼女も自分もオタク。デートはゲーセンばかりだがすごく楽しい」
「自分が楽しめていればそれが一番リア充!」
 ↑
これですね!周りの目とか気にせずに、自分が一番楽しめるのであればそれが一番な気がします。

リアルが充実してることが”リア充”の元々な意味のはずなので、恋人の有無とか重要なことではないはず!

■まとめ・感想

以上、「オタク」だけど「リア充」だと感じる身近な人についてでした。

やはり”ただイケ”な感じはしますが、少なくともオタク趣味を持ちながらでも恋愛方面や交友関係にもガンガンいけるオタクもいるようです。

調査先が「大学生」っていうのもあるのかもしれないですけどねえ・・・。

■ネットの反応

そういうオタクってファッションとしてオタクやってるだけじゃね

顔なんだよなぁ・・・

女にもお金をかけられる収入が素直に羨ましいんだが・・・

趣味が同じ人を探すのが一番現実的だよね。実際過去のデートで一番言ってるところ秋葉だけどちゃんと成り立ってる

ネットが普及してから、マニアックと言われていたものが簡単に手に入るし見られる。昔のオタクとは意味が違ってきてるのが原因

なんか半分ぐらいただイケ要素が・・・

お前ら裏切ったなぁぁぁぁぁぁ…

お前ら裏切ったなぁぁぁぁぁぁ…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑