「ひっつきむし」や「バカ」と呼ばれた『オナモミ』が絶滅危惧種に指定されていると話題

公開日: : らいとめNews, 生活

――「ひっつきむし」や「バカ」と呼ばれる『オナモミ』が絶滅危惧種に指定されていると話題に

子どもの頃、投げてくっつけて遊んでいた経験があるのではないでしょうか。

服の繊維や動物の毛にひっつくことから「ひっつきむし」、理由はよく分からないけど「バカ」など、呼ばれていた植物『オナモミ』が絶滅危惧種に指定されていると、Twitterなどで話題になっています。

■オナモミが絶滅危惧種に指定されていたと話題

キク科オナモミ属の植物『オナモミ』。

漢字で書くと、「葈耳、巻耳」となるそうです。読めぬ…。

調べてみたところ、レッドリストに指定されたのはなんと7年も前の2007年。絶滅危惧II類(VU)に指定されています

VUは、”Vulnerable”で絶滅の危険が増大している種。「絶滅危惧(Threatened)」の中の分類の一つです。

日本のレッドデータ検索システムによれば、関西を中心にすでに絶滅している地域も。東京や高知でも絶滅しています。

オナモミ 絶滅分布

絶滅の危機に瀕している原因の一つは、近縁種で外来種である「オオオナモミ」や「イガオナモミ」など新しい帰化種に取って代わられているからだそう。

オオオナモミは、北アメリカ原産、外来生物法の「要注意外来生物」、日本生態学会による「日本の侵略的外来種ワースト100」に指定されている植物だとか…。

また、これらの外来種についても、繁殖に波があるようで、オナモミ類全体をさほど見かけない地域もあるようです。

何にせよ、子どもの頃の思い出が絶滅しそうだということで、Twitterなどでは話題となっており、

「嘘だろ…?」
「秋の名物が・・・」
「毎日のように遊んでいたのに」
「あんなにひっついてきてたじゃないかよ…なんでだよ…」

など、惜しむ声が多数上がっているようです。

それにしても、7年間も前のこととは…。全然気づきませんでした。

言われてみれば確かに見なくなった気はしますが、大人になって目にも止めなくなっていただけ、というわけではなかったんですね…。

他にもこういう種はたくさんありそうで、子どもの頃の思い出が絶滅してしまうのはやはり寂しいものがありますね。見つけたら大事に思ってあげましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑