LINEスタンプは稼げるのか?3ヶ月で1000万円稼いだクリエイターの話

公開日: : IT, らいとめNews

――LINEスタンプは稼げるのか?3ヶ月で1000万円稼いだ『文字打ってる場合じゃねえ!~緊急用~』クリエイターの話

誰でもビジネスチャンスに繋がり、実際に数千万円稼いでいるという人もいるというLINEスタンプ・クリエイターズマーケット。

3ヶ月で1000万円を稼いた人気上位のクリエイター・A-kitさんの話をご紹介。

文字打ってる場合じゃねえ!~緊急用~

参考元→http://www.news-postseven.com/archives/20141102_284585.html

■発売から3か月で1000万円!A-kitさんの話

LINEクリエイターズマーケットの中で人気上位のクリエイター・A-kitさん。『文字打ってる場合じゃねえ!~緊急用~』と同スタンプ『~疲労編~』のスタンプ考案者だ。

A-kitさんは、稼業の理容室を手伝いながら、日々、クリエイターズスタンプを作成している。漫画とゲームが大好きな20代後半の女性だ。

スタンプは、白いシンプルな人間キャラに具体的なコメントが付き、今の自分の状況を伝えるのに最適なモノとなっており、その利用のしやすさが人気の理由。

A-kitさんによれば、最初は自分用。文字を打つよりもスタンプ一つを送るだけで完結出来るものを目指したという。

自分がよく使う文章を40個以上パソコンのメモ帳にまとめ、その中からさらに実用的なものを採用。

長文を打つ手間が省ける『文字打ってる場合じゃねえ!~緊急用~』は瞬く間に人気を集め、売上が1週間で1位になった。

発売から3ヶ月で1000万円(うち20%源泉のため、実際は800万円)を手にしたという。

「昔から絵を描くのは好きでしたが、スタンプとして売り出すには、自信がなかったんです。そこでパソコン用のソフト『3Dデッサン人形』をトレースしました。専用のペン先ひとつで動きがつけられますし、絵が描けない人でも簡単に立体的な人物を作成することができる。早い段階で作成したので、先手必勝だったかなと思っています

と、A-kitさんは話す。

■ネットの反応

勝手に作者は男性かと思ってた…。

やっぱアイデアだよね。秀逸だもの。

本当今がチャンスだと思う!遅いくらいだよ。今乗っかったら人生変わるで!

絵が凝ったやつ、カワイイやつより、使いやすいやつの方が買いたくなるよね、ユーザーとしては。

すごい!何でもやってみるもんですね。

LINEスタンプは、大きな市場にお金がかからず(ペンタブとかくらい?)参加できることや、その上、クリエイターに還元される%が半分とかなり高いことなど、かなりチャンスは大きいですよねえ。

やってみたいけど絵が苦手なんだよなあ…。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑