GDPの高さと幸福度は比例、「幸せはお金で買える」 →日本だけは例外に、なぜ?

公開日: : らいとめNews, 生活

――国民性? “日本”だけは「幸せはお金で買えない」、先進国最下位の「国民の幸福度」

米シンクタンクのピュー・リサーチセンターの世界各国「幸福度」調査(2014年)によれば、GDPの高さと幸福度はほぼ比例していることから、「幸せはお金で買える」ことが証明された。

そんな中、推論を真っ向から否定する形となったのは”日本”。

GDP世界3位でありながらも、先進国での幸福度は最下位。「幸せはお金では買えない」と感じている人が多いのかもしれない。

幸せはお金で買えるのか

一部参考元→http://careerconnection.jp/biz/news/content_2115.html

■幸せはお金で買える?

英タブロイド紙のデイリーメールが報じたところによれば、「幸せはお金で買える」との調査結果が出たようだ。

米シンクタンクのピュー・リサーチセンターは、世界43カ国の国民に対して「生活の満足度」をアンケート形式で実施。

考えうる中で「最も良い生活ができている場合」は10段目、「最悪な場合」は1段目を選ばせ、7段目以上と回答した人の割合で「幸福度」を算出した。

上位には、イスラエルが75点、米国が65点、ドイツが60点、英国が58点といった国が占め、経済や社会が比較的成熟してGDPも高い先進国は上位を占めていることが明らかとなった。

また、前回調査(2007年)からの伸び率を見ると、インドネシアで35ポイント(23点→58点)、次いで中国(26ポイント)、パキスタン(22ポイント)、マレーシアとロシア(ともに20ポイント)となり、経済成長しGDPが上昇した国が目立つ。

これらのことから、GDPの高さと幸福度がほぼ比例しており、「幸せはお金で買える」とデイリーメールは報じているようだ。

■「日本」は真っ向から逆行

そんな中で、GDPは米国・中国に次いで世界3位にも関わらず、低い「幸福度」となっているのが日本。

日本の点数は43点であり、、韓国の47点やイタリアの48点、フランスの51点を抑えて先進国最下位。インドネシアの58点をも大きく下回っている。

これは、GDPの高さと幸福度が比例することを真っ向から否定する結果となっており、日本人は「幸せはお金で買えない」と感じているようだ。

■なぜ?

その理由は謙虚な国民性かもしれないし、将来への不安からかもしれない。

以前に、米経済学者のBetsey Stevenson氏とJustin Wolfers氏が発表した調査結果によれば、年収が5000万円以上の人は幸せを感じているが、1000万円ほどの人は幸福とは感じない場合(幸福でも不幸でもどちらでもない)が多いとの結果が出ている。

大きくお金持ちもいなければ、大きく貧乏な人もいない(最近では格差は開いているとはされているが…)ことが要因となっている可能性もある。

他にも、ポジティブな意見としては、「この数字が低ければ低いほど贅沢なんだなと思う。余裕があるからこそ「もっと幸せになれるはず」と高望みする結果なのでは」といったものも見られた。

反対に、ネガティブな意見としては、「GDPは高くてもそれ以上に物価が高く、人との繋がりも希薄になっている」「お先真っ暗という言葉が当てはまっているから」など。

理由はいくつも考えられるが、「まだ伸びしろがあるからこそ」の上を望んだ結果、”幸福でない”と感じているのならば救いがありそうではないかと思う。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑