「スカスカおせち」で騒動を起こしたグルーポンが4年ぶりにおせち販売を再開

公開日: : らいとめNews,

――「スカスカおせち」で騒動を起こしたグルーポンが4年ぶりにおせち販売を再開

2011年(2010年末)、にクーポンサイト大手の「グルーポン・ジャパン」が起こした騒動「スカスカおせち」。

販売された「バードカフェ謹製おせち」は見本写真との大きな違いだけでなく、価格表示の不適切な点や使用食材の不正表示など、さまざまな問題が噴出。

購入者から「中身がスカスカ」「食品に傷みがある」などの書き込みが殺到した。製造、販売した外食文化研究所(横浜市)は、神奈川県の保健所や農林水産省の立ち入り調査を受ける騒ぎとなった。

そのグルーポンが前回の教訓を活かして4年ぶりに本格おせちを販売するとのことだ…。

同社幹部は「おせちの失点はおせちで返す」と話しているという。

■「スカスカおせち騒動」画像

グルーポン スカスカおせち騒動

グルーポン スカスカおせち騒動2

グルーポン スカスカおせち騒動3

グルーポン スカスカおせち騒動4

グルーポン スカスカおせち騒動5

■グルーポン再びおせち販売へ

・配送されたおせちが実物と違いすぎる、具が明らかに足りない
・クール仕様なのに何故か常温で届く、傷んでとても食べられない、腐敗臭がする
・不衛生な作業現場等などの問題から日本中で大惨事を引き起こす

2011年には日本中で大騒動になったグルーポンの「スカスカおせち」。

グルーポンによれば、前回の問題を教訓に、価格表示やユーザー満足度など出品者の審査基準を30から200に増やした。1年前から計画を進め、食品の安全面でもメーカー側と打ち合わせを重ねて万全を期しているという。

おせちのメーカーや内容、価格など詳細は11月13日に発表する予定だ。

また、公式サイトでは「去年は『夢のおせち』今年は何が始まる」というテーマで、ツイッターで大喜利を開催中。応募者の中から100人にサイト内で使える5000円分のギフトコードをプレゼントするなど、盛り上げに躍起だ。

しかし、ハッシュタグ「#グルーポンのおせち」を付けたツイートでは期待を寄せる声もないではないが、4年前の「スカスカおせち」画像などが投稿されたりしてしまっている模様。

日本で食品衛生的な問題を起こしたら2度と再起出来ないんじゃないでしょうか…。

マクドナルドで取り戻せてないのに。

しかも、違う商品なら少しは風化してたかもしれないのに、また同じ商品で勝負とは…。ある意味タフというか、ハートが強いというか…。

う、売れるといいですね…。誰か買う人いるのかは知らんが…。

参考元

http://www.j-cast.com/2014/11/10220452.html?igred=on

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑