頭を悪くするウイルス「ATCV-1」 感染者44%、人の喉から見つかる…

公開日: : らいとめNews, 生活

――「人の頭を悪くするウイルス」が見つかる…。感染者は44%とかオワタ

感染すると脳の海馬に影響を与え、”人の頭を悪くさせるウイルス”の存在が発見されたとのこと。

調査によれば被験者の44%もの人間が感染しており、ウイルスの感染経路などは不明だ。

頭を悪くさせるウイルス

参考元→http://gigazine.net/news/20141112-virus-makes-humans-more-stupid/

■ATCV-1というウイルス

今回、人の頭を悪くさせるウイルスの発見は、ネブラスカ大学とジョン・ホプキンス医大の共同研究にて偶然発見されたもの。

元々は別の目的で研究を行っていたところ、健康な人の喉から「ATCV-1」というウイルスと合致するDNAが発見された。

「ATCV-1」は湖や池で緑藻類に感染しているものが発見されており、人間には感染しないと考えられてきましたが、今回の発見で「人間にも感染すること」と、さらに「感染すると認識能力の低下をもたらすこと」が判明した。

“人の頭を悪くさせる”という調査結果は、以下のような研究から判明。

■研究者たちの調査

まずは被験者の脳の視覚情報の処理速度と正確性、そして集中時間のスパンを測定。

その結果、喉からATCV-1が採取された人は採取されなかった人に比べて7~9点ほどテストの得点が低かった。

次に、ハツカネズミの消化管にATCV-1を注射してウイルスの影響を観察。

迷路に入れたところ、ウイルスを注射したハツカネズミは道を見つけるのに時間がかかった。さらに新しい障害物や新しくできた道には注意を払わないという結果が観測された。

調査により、ATCV-1はマウスの海馬に影響を与え記憶や学習能力、シナプスの可塑性に関わる遺伝子を書き換えていることが判明し、ATCV-1に感染した人は注意力が散漫になり、空間認識能力も低下すると考えられている

恐ろしいのは、健康な被験者を対象に調査したところ、44%もの人が喉からATCV-1が採取されたという結果だ。

感染経路も不明で、「ATCV-1が池の中に存在するから泳ぐのをやめよう」という手段では感染を防げない可能性もある。

■研究を行った教授の話

免疫系を攻撃せずに人間の体に影響を及ぼす微生物の存在が証明されたのは、これが初めてのこと。

研究を行ったRobert Yolken教授は

「これは『無害の』微生物が人間の振るまいや認識能力に影響を及ぼす顕著な例です。多くの人は親から受け継いだ遺伝子によって区別されますが、いくつかの遺伝子の変更は微生物によってもたらされます」

と語り、

「今回の発見はまだ始まりに過ぎません。エボラ出血熱やインフルエンザのように、体にダメージを与えて去って行くウイルスもありますが、人体にダメージを与えずに影響を及ぼすウイルスはATCV-1の他にもあるはずです

と続けた。

■ネットの反応

俺が頭悪いのもこれのせいだな

あ、俺これだわ、絶対そうだわ

感染してるだろうから、完治したら頭良くなるわ!

妖怪のせいかと思ってたけどこれのせいだったかー

人にも移るのかな?

「馬鹿と付き合うと馬鹿がうつる」と言ってたけど本当だったんだな

無害ちゃうやん

頭を賢くするウイルスもあるはずだ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑