イタリア「水の都」ベネチアで、スーツケースの騒音に罰金 「石畳の上をキャスターがゴロゴロうるさい」

公開日: : らいとめNews, 生活

――イタリア「水の都」ベネチアで、スーツケースの騒音に罰金

イタリア北部のベネチア市当局は、来年の5月からキャスター付きスーツケースの使用を禁止する方針を固めた。

違反者には最大で500ユーロ(約7万3000円)の罰金が科される。

「水の都」として観光客が多数訪れるベネチアだが、観光客のスーツケースの音がゴロゴロとうるさく、住民の不満が爆発した。

ベネチア スーツケース禁止に

参考元→http://www.cnn.co.jp/travel/35056934.html

■ベネチア、スーツケースの使用を禁止へ

ベネチア市は、来年5月からスーツケースの使用を禁止する。

キャスターによる騒音の解消と歴史的な路地の石畳製路面などへの損傷防止を狙った措置である。

罰金を回避するには、ゴム製か空気式の「無音車輪」を装備するしかないが、観光客にとっては悩みの種になりそうだ。

この新たな方針はベネチアの建造物条例に組み込まれる見通しとなっている。

■「水の都」ベネチア

ベネチアを訪れる観光客らは毎年約2200万人。

市内では、車の乗り入れが禁止されているため観光客はスーツケースを引きずって宿泊先に向かうなどしていたのだが、住民にとっては自宅近くで鳴り響くキャスター音がうるさく、長年不満を募らせていた。

市当局者はスーツケースのキャスターの音や運送業者が用いる台車の騒音は深刻な不快感をもたらすと指摘。

ベネチア市の行政委員会は、「スーツケースなどの製造メーカーがベネチア向けの新製品開発に乗り出す契機にもなり得ると期待している」と話す。

■ネットの反応

日本みたいなアスファルト舗装と違って、石畳だからね…

欧州の石畳の道では特に響くでしょうね。

日本でも喧しいから静音ローラー義務化して欲しいわ。キックスケーターやスケボーも

今のテクノロジーなら十分消せるよねぇ、たぶん。ちょいとお値は張るかもしれないけれど。

すぐに「ベネチアOK」なシールを貼られたスーツケースが店に並ぶな

インフラ整備にお金回せなかったのかな?

田舎の舗装が荒い道路とかでも五月蝿いもんなぁ。俺も実家周りじゃかばん転がさずに持ち運んでるわ

ガラガラの問題は難しいよね…スーツケース自体の進化を願う。

石畳の上はうるさいでしょうね…。

観光客にとっても、”静寂”な「水の都」のほうが風情はあるだろうし、良いことのような気がしますね。

ただ、周知になるまでは罰金を科される観光客も多そうですが…。

50L旅行用バックパック ブルー 50L旅行用バックパック ブルー

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑