若者の急激なフェイスブック離れ 「インスタグラム」が人気を集めている模様

公開日: : IT, らいとめNews

――若者のフェイスブック離れがついにきた

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)として確固たる地位を築いたFacebook(フェイスブック)だが、最近、若者層の利用者が急激に減っているようだ。

英国メディアのDailyMailが伝えたところによれば、2014年春の時点では、米国では10代の若者のうち72%はフェイスブックを利用していたのだが、それからおよそ6ヶ月後の2014年秋には利用者がなんと45%にまで減少していたという。

全体でのフェイスブック利用者は増加し続けているので、10代の利用者だけが極端に減っているという計算となる。

Facebook離れ

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9501990/

■若者層のFacebook離れ

若者層のフェイスブック利用者がここ数ヶ月の間に激減している。

代わりに人気を集めているSNSは「Instagram」(インスタグラム)」だ。

インスタグラムは、写真を手軽に加工して共有できるSNSで、フェイスブックの傾向と同じ時期2014年春~秋の数字を見ると、利用者は69%から76%に伸びており、現在米国の10代で最もユーザーは多いサービスとなっている。

ちなみに2番目に多いのが「Twitter(ツイッター)」で59%、3番手に「フェイスブック」で45%となっている。

若者の文化として始まったSNSですが、フェイスブックはいつの間にか、「大人のSNS」になっているようです。

SNSをやっているから若者の文化に理解があるとは言えなくなっているよう。

とはいえ、若者の興味は移ろいやすく、フェイスブックに関しても、全体の人口は増えているわけで、自分に合っているのであればそのまま使い続ければよいですし、不便に感じるのであれば他のサービスを使うのもいいでしょう。

個人的には、SNSそのものに疲れてきている人が増加しているのではないかとも思いますけどね・・・。

■ネットの反応

日本だって就活中の大学生以外で若者は使ってないでしょ。若者はInstagramかVineじゃないの?

Facebookを離れてInstagram。FacebookがInstagram買収してるので、お釈迦様の手の平の中

そりゃ自分の親が実名で出てくるSNSなんて使いたくないだろ… と思うけど、Instagramで事足りるのか?という疑問もある。

Facebookなんて、そもそも若者向けじゃないだろ?

ウェブならではのコミュニティづくりの難しさなんだろうなー。日本も一緒になると思う。

Instagramメインの妻に理由を聞いた時「Instagramは素敵な世界で溢れてるし、炎上や争い事がないから」と言っていたのはなるほどなって思った。

一応アカウントは作ってるけど最近全くログインしてないし、未だに何をすればいいかよく分からないフェイスブック

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑