ペヤングからゴキブリ騒動 まるか食品・保健所にも連絡で本当っぽいな…

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 らいとめNews,

――カップ焼きそば「ペヤング」から、ゴキブリが出てきたとネットで話題騒然

ツイッターにカップ焼きそばのロングセラー「ぺヤング ソースやきそば」に”ゴキブリ”が入っていたと、証拠画像とともに投稿があり、ネット上では大騒ぎになっている。

投稿者は、保健所と製造販売元の「まるか食品」に連絡。

「まるか食品」からは、”結果がでるまで元のtweetを消しておいてほしい”との要望があったようで、現在、元のツイートは削除されている。

■ペヤングから”ゴキブリ”?!

投稿された画像では、ケースに2食分の麺が入った超大盛シリーズのペヤング。

その片方の麺・中央あたりに黒い物体が埋め込まれていた。2枚目の接写画像では、脚の毛や薄い翅まで写っていた。

投稿者は大学生のようで、研究室に持ち込まれた大量のペヤングを食べようとしたところ、この”問題”の商品に遭遇したようだ。

画像の投稿と共に、「お湯入れる前に気付いてよかった…二度とペヤングは食わない」「正直気付かないで食ってたら… 考えるのやめよ」ともツイートしている。

■ペヤング側からの対応

翌2日、投稿者は保健所と製造販売元の「まるか食品」(群馬県)に連絡。

どちらも同日中に訪ねてきたとのことで、まるか食品は手元にある商品(4599円分)を買い取り、問題の商品を持ち帰った。

結果が出次第連絡があるとのことで、それまでは元のツイートを削除してほしいと頼まれたという。

投稿者は、まるか食品の要望通り、現在では元ツイートを削除しているが、「お互いのため」と圧力をかけてきたという同社の対応に腹を立てており、「今後の対応次第ではもうぺヤング買わない」ともつぶやいている。

また、J-CASTニュースの取材によれば、広報担当者は、「今後の対応については調査結果次第なので何も決まっていません」と話しているそうだ。

虫が入っていたことは初めてのことであり、製造過程で混入する可能性は”考えられない”と話す同社。

『食の安全』に消費者は非常に敏感な昨今、この一件が企業に与える影響は計り知れない。今後の慎重な対応が求められそうである。

一部参考

http://www.j-cast.com/2014/12/03222335.html

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑