『ペヤング』に 虫の混入は初めてではなかった? まるか食品「小さな虫の苦情は過去にも何件かあった」

公開日: : らいとめNews,

――「ペヤング」 虫の混入は初めてではなかった? まるか食品「小さな虫の苦情は過去にも何件かあった」

「ペヤング」にゴキブリが入っていたというツイッターの投稿を受け、自主回収を発表したペヤング。

公式からの発表によれば「通常の製造工程上、このような混入は考えられないこと」としながらも、「食品の安心、安全の観点から万全を期すため」と説明しているのだが、その後の取材では”過去の苦情”についても明らかになってきたようだ。

ペヤング

参考元→http://www.j-cast.com/2014/12/04222490.html

■「小さな虫の苦情は過去にも何件かあった」

J-CASTニュースによれば、当日の取材で広報担当は、「製造過程で混入した可能性は考えられない、虫が混入していたという苦情も”初めて”だ」としていた。

しかし、その回答に対して、同サイトに複数の消費者から「過去に虫が混入していたという苦情を入れたことがある」という意見が届いたという。

ある消費者によれば、「4年程前に同様のことが起きた。苦情を入れたが”ありえないの一言で片付けられた“」とのこと。

そのためJ-CASTニュースは再び取材。同じ担当者からは、

「『初めて』というのは虫の混入全般を指したものではないので、訂正してもらいたい。今回のような大きな虫が麺に混入しているという苦情は初めてということで、小さな虫の苦情は過去にも何件かあった

と話したそうだ。

また、匿名掲示板の過去のログには、元従業員を名乗る人物が「ゴキブリなら作業場だけでなく玄関先、食堂でもよく見かけた」「生地練るミキサー室は、勿論だしフライヤー室、仕上げのフロアにもゴキブリ沢山いた」などを書き込んでいたとして、ネットでは注目を集めている。

サイトへのメールや匿名掲示板の書き込みの真偽は不明だが、広報が答えたという “小さな虫の場合には過去にもあった” ことは間違いないようだ。

■自主回収

なお、回収するのは「ペヤング ハーフ&ハーフ激辛やきそば」と「ペヤング ハーフ&ハーフカレーやきそば」の2種で、問題とされた商品と同じ日に同じラインで製造されたものが対象となる。

個数は約5万食にのぼるそうだ。

「ペヤング」といえば、「日清焼そばU.F.O.」(日清食品)や「一平ちゃん夜店の焼そばシリーズ」(明星食品)に並ぶカップ焼きそばの定番人気商品だが、『食の安全』に消費者が敏感な昨今、今後の売上低下は避けられないかもしれない。

■ネットの反応

やはり複数件あったのか

これほど客を舐めた態度をとる会社は市場から退場してほしい

いくら誠意ある対応されたからってこれじゃあね…。やっぱり隠蔽体質は変わらない

以前からあって、問題を放置し、もみ消す対応を続けていたとしたら、最悪の最後を迎えるかもしれないな

これ読むと、結果的にTwで晒して良かったなぁという気分になる

経営者が危機感もなくあぐらをかいてたんだろうね。昔からなじみの商品がこういうことで姿を消すとしたら残念。

ずっと「ありえない」の一言で回収もせずに隠蔽してきたんだろな

広報の回答が苦しい…。

ペヤングは残念だけど、今回の事件で他の製品が「ウチも徹底しないと!」って褌締め直してくれそうな点はちょっと良かったかな…?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑