セブンドーナツ「形は似ているが独自開発」 ミスドとの比較

公開日: : IT, らいとめNews

――セブン「ミスドは意識していない」「形は似ているが独自開発している」

2015年8月までに全国の店舗でのドーナツ販売を発表したセブン-イレブン。

「ミスドやばそう」「商品似すぎじゃないか?」など、ネットでもすでに話題を呼んでいる。

セブンの鎌田靖・常務執行役員は会見で、ダスキンが展開するドーナツ専門店「ミスタードーナツ」の商品を特に意識したものではないことを主張した。

セブン ミスド 研究していない

セブン ミスド どこにいってもある

参考元→http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20141202/274590/

■「基本的には独自に開発している」

セブンの鎌田氏によれば、形が似ているなど様々な評価はあるが、基本的には”独自”開発をしていると話す。

さらに、多くの人が気になる「ミスド」については、「特に意識していない、研究していない」と説明し、「こういうメニューはドーナツ専門的どこにでもある」と続けた。

ドーナツ販売への期待については、「1300億円ほどとされる国内のドーナツ市場で、1030億円ほどは大手のチェーンが独占している。我々がやれることはまだまだある」と話し、競争についてはミスドを意識しているようである・・・。

なお、他の大手コンビニもドーナツ販売は検討しており、コンビニと専門的、その店舗数の差は大きい。

商品やサービスに消費者が差を感じることができなければ、専門店の客足にも影響してくることだろう。

■左がセブンのドーナツ、右がミスドのドーナツ

左がセブンのドーナツ、右がミスドのドーナツ

左がセブンのドーナツ、右がミスドのドーナツ2

左がセブンのドーナツ、右がミスドのドーナツ3

左がセブンのドーナツ、右がミスドのドーナツ4

左がセブンのドーナツ、右がミスドのドーナツ5

■ネットの反応

すげーな。パクっておいてミスド全否定かよ

日本のドーナッツ業界のトップとも言えるミスドを研究していないって手抜きすぎじゃない?

いや、競合他社の製品は研究しろよ。

言ってることがどっかの国っぽくなってきた。

研究もしないでいい加減な商品売るのか・・・

専門店がもっと味や空間を追求していかない限りコンビニに食われていくやろな。

人口が増える見込みがない中、成長を続けるには、同業だけでなく異業態からも奪い取らなきゃ生き残れないか。

節約傾向もあり、スーパーなどは客足が戻っているとも。内需の縮むパイを奪い合う異業種間の競争は、さらに激化。消耗戦か

もうコンビニとしてはパイが限られているから、他の外食産業へ食い込んでいくしかないよね

「研究しまくりました、強敵ですから!」ぐらい言ったほうが好感度は高かったんじゃないですかね…。

しかし、ドーナツは売れそうだなぁ。自分もコーヒーとセットで確実買いそうだわ。

■関連記事

セブンのドーナツ販売にローソン・ファミマも続く ミスドの反応は…?

セブン-イレブンが店頭でドーナツ販売!コーヒーとの相乗効果を狙う

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑