2014年名付け 読み1位は「ハルト」「メイ」も、書き方(漢字)は当て字傾向に…

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 らいとめNews, 生活

――2014年の名付け1位は「ハルト」と「メイ」 しかし漢字は色々で難読…

明治安田生命から発表された『2014年生まれの子どもの名前』調査。

今年の”読み方”でのランキングは、1位が男の子で『ハルト』くん、女の子で『メイ』ちゃん、と読ませる名前が1位になった。

しかし、その漢字の”書き方”は実に様々であり、極端なキラキラネームほどではないにせよ、「読めない」子供の名前は増加傾向にある。

りあむとか名付けない人

参考元→http://news.nicovideo.jp/watch/nw1350955?news_ref=top_topics_topic

■親「書き方で差をつけたい」

明治安田生命の同調査によれば、『ハルト』と読む漢字は36パターンも存在。

「大翔、悠人、温都、冶音、暖翔」などなど、一見しただけでは読むのが難しい書き方がズラリ。「ハルト」という読みが6年連続で1位になっている名前であり、「書き方で差をつけたい」という親の思いが現れての結果となっている。

同様に、女の子の名前1位の『メイ』も「夢彩、恵生、芽愛、萌唯」など、16種類もの書き方があった。

■当て字で個性?

今年の人気な 読み/響き には「ハル」が挙げられ、男の子では『ハルト』(1位)『ハルキ』(7位)『ハル』(13位)、女の子でも『コハル』(4位)『ハルカ』(16位)といった読み方が上位に。

ちなみに「ハル」と読ませる漢字には「陽、大、春、晴、悠、遥、遙、暖、悠」などが多かった。

中には「桜」と書いてハルと読ませる子供も…。

読みはシンプルでも、当て字で書き方に個性を重視する傾向が確実にあり、1人ひとりの個性が重視されていく時代を背景にしているのかもしれない?

■ネットの反応

子供は大人のおもちゃじゃないんやで・・・。ちゃんと子供の事考えているなら少なくとも名前はまともになるやろ・・・

当て字の名前ってなんでこんなバカっぽく見えるんだろうな・・・

読めないってデメリットしかないと思うの。

DQNネームよりはましだと思うけど意味も考えてほしい

読みはシンプルにって、そもそも漢字が読めなきゃ意味無い。

70歳になった時のことを考えて名前付けるのが一番だと思っています。

なんか子供の名前で親が遊んでるような印象だな

教育で個性をつぶしているから名前で個性を出すしかないんでしょ

“書き方で差をつけたい” ってことらしいけど、名前だけで人と差がつくわけないんだよなあ…。

人と違うことが個性なんじゃなくて、人より優れていることを社会は結局”個性”と呼ぶのだろうから、名前が他より目立つことで個性なんて出ないと思うんだけど…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑