【平昌五輪】「長野共催の可能性」にネットでは”お断り”の声 「JOCは日韓W杯を思い出せ」

公開日: : らいとめNews, スポーツ

――平昌五輪、そり競技の日本開催検討

2018年に韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪。

財政難による準備の遅れで、これまでにも「一部競技の日本開催」の可能性が指摘されていたが、6日、具体的な報道があり、話題となっている。

報道によれば、平昌冬季五輪の大会組織委員会は、ボブスレーとリュージュ、スケルトンのそり競技を1998年長野冬季五輪で実績のある日本で開催することを視野に国際競技団体と非公式に協議しているとのことだ。

平昌オリンピック

参考元→http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLSSXK60697_W4A201C1000000/

■日本に協力を求める可能性

18年韓国で開かれる平昌冬季五輪。

日本での一部開催について具体的な報道があった。

大会組織委は国際競技団体と非公式に協議しており、会場は長野五輪で使用された長野市スパイラルが候補になっているようだ。

国際オリンピック委員会(IOC)関係者は「まだ協議している段階だが、日本に協力を求める可能性も出ている」と述べた。

また、組織委の趙亮鎬会長は「海外にある会場で選択肢の一つ。日本に打診はしていない。IOCを通じて話し合うことになると思う」と話している。

日本のオリンピック委員会(JOC)は、これに対して「直接そういう話は組織委から来ていないが、正式に要請があれば前向きに協力していく」(会長・竹田恒和)と述べた。

■ネットでは否定的

これまで日本との分散開催について、「検討もしていない」とする同五輪組織委員会による否定コメントも報じられるなどもあり、議論を呼びそうな話題。

今回の報道についても、

・「協力しても、しなくても、文句を言われます」
・「やめとけって、悪いことは言わないから」
・「関わらないべき」
・「やめてくれ!共催なんかしたら、札幌五輪が消えてなくなる!」
・「東京オリンピック共催の伏線なんだから関わるなよ」

などなど、否定的な意見が目立つ。共催することで、日本開催のオリンピックへの影響や、先日の仁川アジア大会での印象の悪さなども大きく関わっているようだ。

6日には、「一部、長野で開催か?」などのニュースがネットでも駆け巡ったが、7日には聯合ニュースが「現地組織委の広報局長が、ボブスレーなどの施設の工事を始めている」のを根拠とし、「日本分散開催『検討していない』」との報道もあっている。

これからも注目を集めそうな話題だが、中には2002年に行われた日韓で共催した、サッカーのワールドカップに言及する人もおり、

「JOCは大失敗だった日韓ワールドカップの『悪夢』を復習してください」

と指摘する声もあり、日本では“お断り”だと感じている人が多いようである。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑