ビックバンと同時に、逆方向に時間が流れる「ミラー・ユニバース」が生まれた?!

公開日: : IT, らいとめNews

――ビックバンと同時に、逆方向に時間が流れる「ミラー・ユニバース」が生まれた?!

ビックバンによって我々の宇宙が始まったとき、同時に「鏡の宇宙(ミラー・ユニバース)」が生まれ、そこでは我々とは逆方向に時間が流れているという。

英国の物理学者ジュリアン・バーバー博士らは、このような”宇宙と時間”に関する新しい理論を提唱した。

ビックバン

ソース→http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2868238/Did-Big-Bang-create-mirror-universe-time-moves-BACKWARDS-New-theory-explain-past-future.html

■鏡の宇宙

バーバー博士によれば、ビッグバンによって私たちの宇宙が始まったとき、同時に鏡の宇宙(ミラー・ユニバース)が生まれ、そこでは私たちの宇宙とは逆方向に時間が流れているという。

「すべての物理法則は、基本的には、時間の向きがどちらであっても同じように成り立つように見えます。しかし、私たちの宇宙では時間は一方向にしか流れません」とバーバー博士は説明する。

「鏡の宇宙」でも、私たちの宇宙と同様の物理法則が成り立つため、惑星、恒星、銀河といった秩序を持った構造が形成され、知的生命体が誕生する可能性があるのだという。

我々が「鏡の宇宙」を観測するとき、「鏡の宇宙」では時間が逆方向に向かって流れていくように見える。

同様に、「鏡の宇宙」に知的生命体が誕生し、我々の宇宙を観測するとき、彼らからは時間が逆方向へ流れて見えるのだという。

19世紀末には、エントロピー増大の法則(熱力学第二法則)に基づき、宇宙はやがて完全な無秩序状態である「熱的死」を迎えることになると予想された。

しかし、重力を考慮すれば、この理論は正しくないように見える。

時間とは「秩序が増大していく方向」であると定義するならば、時間の流れは二つあり、それぞれビッグバンの混沌状態から互いに反対の方向へと伸びていくという。

■ネットの反応

意味が分からん

時間が生まれる前はどうだったんだ?

広がる宇宙と縮む宇宙があるの?わからん

つまり因果そのものであって現時点の自分は多くの因果を選んだ結果であるから必要以上の苦は現れないが、自分の対象となる他人は因果の過程にいるから必要以上の失敗をする

また妄想が始まったのか・・・

なるほど、分からん。

俺らの宇宙 ←  ”ビックバン”  → 鏡の宇宙

鏡の宇宙

・・・時間がそれぞれからは逆方向に見えるから、どうなるんだ…?

というか、どうやって「鏡の宇宙」を観測するんだ。なるほど、分からん…。

そもそも、”無”からビックバンが起きて、宇宙誕生!それを裏付けるものとして宇宙背景放射、とか、もうその辺からすでによく分からん/(^o^)\

ホーキング博士のスペースアドベンチャー (3) 宇宙の誕生・ビッグバンへの旅 ホーキング博士のスペースアドベンチャー (3) 宇宙の誕生・ビッグバンへの旅
スティーブン ホーキング,ルーシー ホーキング,佐藤 勝彦,牧野 千穂,さくま ゆみこ

岩崎書店
売り上げランキング : 61162

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑