無料提供も噂される『Window10』 コンシューマ機能の紹介イベントが1月に開催予定

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 IT, らいとめNews

――Window10に関するイベントが1月に開催 一般向けの紹介クルー?

9を飛ばしての発売となる「Windows10」。

ネットではよく、成功の奇数を飛ばして大丈夫か、との意見もみかけますが、その一般向けの機能紹介をメインとしそうなイベントが来年1月に開催されるようです。

Win10 イベント

参考元→http://www.gizmodo.jp/2014/12/post_16126.html

■コンシューマ向けの紹介イベント?

報道関係者宛に送られた招待状には、「Windows10:The next chapter」の文字。

マイクロソフトは来年1月21日(米国時間)にレッドモンドでスペシャルイベントを開催します。

今回は、Windows10のコンシューマー向け機能の紹介が、主な内容となりそうとのことですが、どうなるんでしょうね。

新たに導入されるタッチインターフェイスやタブレット・スマートフォン向けWindows 10の紹介もおこなわれるとのことで、いよいよWindows10のお披露目になりそうです。

■Windows10

「奇数を飛ばして大丈夫か」とも言われるWin10。

「なぜWindows 9じゃないんですか?」との質問に、WindowsトップのTerry Myerson氏とJoe Belfiore氏は、

「seven ate nine(セブン・エイト・ナイン=9は7に食われちまったのさ)」

なんて冗談で応じていましたが、真面目な話、7、8と来れば次は9だが、全体のアプローチがあまりにも違い過ぎるので、Windows 9と呼ぶのも抵抗があるためだそう。

スタートボタンの復活などもあり、8の反動からか注目の集まるWin10ですが、どうなるのか期待ですね。

ちなみに、Win10の新機能としては以下のようなものが紹介されています。

・スタートメニューが復活
・Windowsストアのアプリのウィンドウ表示
・アプリの分割スナップの強化
・タスクビューボタンの追加
・複数の仮想デスクトップ
・タッチUI・マウス+キーボードUIの切り替え

Windows 10は来年の夏~秋頃にリリースされる予定。

■無償提供も有り得る?

12月4日に開催されたCredit Suisseの「Technology Conference」の席上で、MicrosoftのKevin Turnerが、

「(Windows 10のリリースでは)これまでとは異なる方法でのマネタイズの方法がある」

と語ったことを受けて、市場では、Windows10は無料でのリリースもあるのではないかとの見方が広がっているようです。

無料にすることで、ユーザー層の拡大を図り、同時にWindowsに関連するサービスで利益を上げる、これまでとは異なる収益化の方法論を検討している・・・?

本当ならありがたいですね。

ソース

http://www.businessnewsline.com/news/201412100110010000.html

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑