色彩感覚が問われる?CMYK色域の1000ピースジグソーパズルが登場

公開日: : らいとめNews, 生活

――色彩感覚が問われる?ベリーハードなジグソーパズルが登場

色彩感覚に自信はありますか?その限界まで挑むようなジグソーパズルが登場しました。

何の絵もなく、色のみのグラデーションで判断するこのパズル。

プリンタなどで使われるCMYK(シアン・マゼンダ・イエロー・キープレート)の色域に対応した1000ピースのパズルで、それぞれのピースがほんの少しずつですが、違う色になっています。

CMYK ジグソーパズル

CMYK ジグソーパズル2

実査に組み立てている様子はコチラ。

■『1000 Colours puzzle』

オーストラリアにあるClemens Haicht社のアーティスト、Jacky Winter氏がLamington Drive Editions社との共同制作で、開発した色鮮やかなジグソーパズル。

カラーピッカーのようなこのパズルは、1000ピース全ての色が微妙に異なっており、広範囲を見ながら隣り合うピースを探すことができるか、という色彩感覚が問われるそう。

アイデアは青空を描いたジグソーパズルの微妙な青の色調から得たとのことです。

開発者は1000カラーズパズルのピースを1つ埋めるごとに鳥肌ものと言っていますが、それが興奮によるものかストレスによるものかは分かりません。

こちらが購入ページなのですが、残念ながら現時点ではSOLD OUT中。

残念ながらクリスマスプレゼントには間に合わなそうです…。

ただ、新規の生産が完了次第サイトから購入することが出来るそうです。価格は40オーストラリアドル、約4000円。

■こんな難しいパズルも

日本でも、こんな難しいパズルがあるようです。

硝子パズル

ガラス加工会社である『鬼塚硝子』が制作した、「硝子パズル」。

300ピースと、ピースは少ないですが、その全てが透明。形状のみのヒントで組み立てる非常に難解なパズル。

製造過程においては、ウォータージェットにより切断していくそうですが、加工時にどうしても1mm隙間ができてしまうので、1ピース1ピースを300個別々に切り出してから、組みなおしたという力作。

難解なパズルを作るには製造も手間がかかるのかもしれませんね。

「世界遺産」「世界の風景」シリーズの1000~3000ピースとかは何点か制作したことがありますが、色のみでの判断部分はかなり大変ですよね。

遺産シリーズだと「マチュ・ピチュ」とか景色シリーズだと「オーロラ」とか。

硝子パズルに至っては全ピース試していくしかないんじゃないか・・・。

1000ピース めざせパズルの達人 きらめくオーロラの夜 フィンランド(50x75cm) 1000ピース めざせパズルの達人 きらめくオーロラの夜 フィンランド(50x75cm)

エポック社
売り上げランキング : 7750

Amazonで詳しく見る

 

1500スモールピース パズルの達人 世界の絶景 ウユニ塩湖-ボリビア (50x75cm) 1500スモールピース パズルの達人 世界の絶景 ウユニ塩湖-ボリビア (50x75cm)

エポック社
売り上げランキング : 5605

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑