NBAで珍プレー 脱げたバッシュを味方がパス→敵がバッシュをパスカット

公開日: : らいとめNews, スポーツ

――NBAで珍プレー 脱げたバッシュをパス → 敵がバッシュをパスカット

NBA(National Basketball Association)で起きた非常に珍しいプレーが話題を呼んでいる。

そのプレーでは、試合中にバッシュが脱げてしまった選手にバッシュを投げて渡そうとしたところ、敵プレイヤーがバッシュを”パスカット”してしまうというものだ。

そもそもNBAの選手は自分の体にあった靴を特注するので試合中に靴が脱げること自体が稀なことで、それをパスカットしたとなるとさらに珍しい。

話題となっているプレーはこちら。

■Get That Shoe Out of Here!

紐が緩んでいたのだろうか。ドリブルで切り込もうとしたときにプレイヤーの左足のバッシュが脱げてしまった。

NBAではプレーは止めないルールなので試合は続行。邪魔に感じた味方プレイヤーは後方へ投げるのだが、バッシュが脱げてしまったプレイヤーはなかなか履き直すタイミングがなく、靴下のままプレー。

そして、問題の場面。

仲間のステフィン・カリーがチャンスを見てバッシュを拾い、投げてパスするのだが、なんと敵のタイソン・チャンドラーがカット。

動画でも観客が大きく盛り上がっているのが分かる。

NBA バッシュをカット

投稿された動画やネット上でも、様々なコメントが書き込まれており、(以下、意訳)

・「今シーズンの代表的シーンになるだろう」
・「掴んで観客席に投げればよかったのにwww」
・「これは伝説」
・「おめーの靴ねーからああああ!!」
・「ベストディフェンス賞決まったなwww」

などなど。またプレーに対する意見は賛否両論で、

・「これはスポーツマンシップに反する。許されることではない」
・「これは酷いw」

・「無力化しとくという意味では戦術的なんじゃないのか」
・「ルールでは反則ではないよね」
・「反射的に手が出ちゃっただけでは?」
・「そもそも靴紐ちゃんと結んでないのがプロ失格だよ」

など、色々な意見が寄せられているようだ。

もしかしたら、今回のこの珍しいプレーを機に、NBAのルールに何か改定がなされるかもしれない・・・?

ちなみに、批判の声もあがった、カットしたプレイヤー本人は「戦略的プレーだよ」と堂々と語っているようだ。

ダンクシュート増刊 2014-15 SEASON NBA COMPLETE GUIDE (コンプリートガイド) 2014年 11月号 [雑誌] ダンクシュート増刊 2014-15 SEASON NBA COMPLETE GUIDE (コンプリートガイド) 2014年 11月号 [雑誌]

日本スポーツ企画出版社

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑