幸福の科学、大学不認可を受けて私塾「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」を開校

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 らいとめNews, 生活

――幸福の科学、大学不認可を受けて私塾として建物を利用 学校名は「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)」

今年の10月に、文科省から「科学的合理性が立証できていない『霊言(霊言集)』を根底に据えるという教育方針」や「関係者の『守護霊本』が複数出版されたりと認可の強要が見られる」などを理由に、”大学”の新設が認められなかった、幸福の科学。

千葉県長生村に大学として建設していたキャンパスだが、そのまま私塾として来春より利用する予定であることがわかった。

“大学”を名乗ることはできないため、学校名は「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)」となるようだ。

幸福の科学大学

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141218-00010001-withnews-soci

■HSUを開校

大学となる予定だった建物を来春よりそのまま私塾として利用する幸福の科学。

幸福の科学総裁の大川隆法氏を創立者として、宗教法人としての幸福の科学が主体となって運営する。

カリキュラムは、大学新設の申請内容を踏襲したものとなっており、「人間幸福学部」「経営成功学部」「未来産業学部」の3学部(4年課程)を用意。

開校を知らせるウェブページでは、「プロの宗教家・宗教エリートを目指す」「『幸福の科学教学』を学ぶ」などと説明しており、大川氏の著作をテキストとする授業もあるものとみられる。

ただし、認可がおりていないため、“大学”を名乗ることができず、私学助成金の交付や、大学入試センター試験の利用などはできない。また、卒業生の学歴も「大卒」とはならない

開校にあたっては、「進学希望者の要望に応えた。」としており、入学希望者は順調に集まりつつあると広報は話しているという。

■不認可への反論は継続する

文科省の不認可に対して、幸福の科学側は、「霊言を根底に据えた教育課程など作成しておらず、申請書本文に「霊言」という言葉は一切出てこない」と反論。

HSUでも、霊言そのものを取り上げたカリキュラムは用意していないという。

「憲法が保障する『学問の自由』『信教の自由』を侵害する不正行為そのもの」と、改めて反論しており、今後も弁明請求書を提出するなど、抗議の姿勢は崩さず、HSU開校後も認可を求める方針は変わらないそうだ。

■ネットの反応

ハッピーサイエンスユニバーシティwwwww4年通って卒業しても大卒じゃないとか誰がいくんだよ

信者の高校生は当然強制的にここに入れられるでしょうから、大卒資格が得られないまま22歳を迎えるという不幸なことになるのですね

学問の自由、信教の自由をうたうなら、助成金をもらおうなんていう浅ましい考えじゃなくて、私塾で結構とかいうべきなんじゃないの

「大学」名乗るのはダメだけど「ユニバーシティ」なら良いってそんなんありなの?海外の人からしたら大学って誤解されるやん

母校ですって言える人いるのかな…

名前がテーマパークみたいでワロタww

授業内容も「プロの宗教家・宗教エリートを目指す」「『幸福の科学教学』を学ぶ」とか、香ばしすぎだろ・・・

■前記事

幸福の科学大学は開設”不可” 「守護霊」「霊言」など学問の要件を満たしていないと判断 ―審議会

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑