【コミュ障オワタ】大学個別試験に集団討論や面接、学力評価テストなどの導入を答申 2020年より予定

公開日: : らいとめNews, 生活

――「大学入学希望者学力評価テスト」の導入を答申 現在の小6が高3になる2020年から予定

以前、記事でもお伝えした中教審が年内答申する予定だという”新たな大学入試制度案”が、22日に答申された。

知識の活用力をみる「大学入学希望者学力評価テスト」の導入と、各大学の個別試験では小論文や面接の活用を求めた。

知識偏重の入試を変えるのが目的で、実現すれば1979年に共通1次試験が導入されて以来の大改革になる。

大学入試 改革

参考元→http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/12/22/kiji/K20141222009504910.html

■中教審、下村博文文部科学相に答申

中教審が大学入試改革案を答申。ペーパーテストの点数だけでなく、小論文や面接などを活用し、多面的に選抜するよう求めた。

・「大学入学希望者学力評価テスト」

センター試験に代わって導入を予定。年に複数回実施し、受験生は成績の良かったものを採用できる。完全に一発勝負だったこれまでのセンター試験を鑑みてのことだと思われる。

試験には、教科の枠組みを超えた「合教科・科目型」「総合型」の問題も出題する。これにより”知識”だけでなく活用力を見たいようだ。

また、英語は外部の試験(TOEICやTOEFL、英検などかになるか?)の活用も検討される。

・「大学個別試験」

大学ごとの個別試験(これまでの2次試験 前期/後期)では、これまでの学力評価に加えて、集団討論や面接などで人物を多面的に評価するよう求める。

部活動やボランティアなどの記録も考慮していく。

ペーパーテストを実施する場合も記述式や論述式とし、点数のみでの選抜をやめるように変える。

・「高校基礎学力テスト」

また、高校在学中に知識を確実に習得しているかをみるため「高校基礎学力テスト」を実施。高2~3年が年に複数回受ける。

試験の結果は就職時の学力証明や、推薦入試などの参考資料に活用可能にする。

■時期

学力評価テストは現在の小学6年生が高3になる2020年度から、基礎学力テストは19年度からの実施を目指す。

大学ごとの集団討論や面接は、各大学が順次対応。

学力評価テストと基礎学力テストは、大学入試センターを改組した新組織が行い、文科省は年明けにも専門家会議を設置し、具体的な制度設計や問題作成に入る。

2016年度中には出題方式などを明らかにし、17年度にはプレテストの予定だ。

まあ2つの学力試験が”活用力”を見るような試験になるのはいいとして、各大学ごとの面接や集団討論はどうなんだろう…。

大学は研究機関であり、就職予備校ではないと思うんだけどなぁ。

それから疑問点としては、大学の面接官は誰が行うんでしょう?大学に受験人事部でも設置するのかな。

大学や教授の思想や理念に合わせて~とかになったらちょっと違う気もする。

■ネットの反応

ネットでも意見は色々あるようで、

大学が欲しい人材を選べるようにし、大学は企業や社会に選ばれるようになっているのかな

嫌な予感しかしない改革だな…

集団討論がどういう風に採点されるかその内訳が気になるね

大学を何だと思ってるのこの人たち

大学に入る前からコミュ力を求められる時代なのか

欧州ではとっくに集団討論などは組み込まれてる。むしろ遅すぎる

意識高い系量産されるな・・・

面接重視にしたら金持ちが裏で金を回して合格にするのではないかという疑念

コミュ障終了のお知らせ

■関連の過去記事

大学入試制度、面接や討論を重視する方向へ 中教審が年内答申

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑