英女子大生、優しさに心打たれたホームレスのために寄付金を300万円集めて話題

公開日: : らいとめNews, 生活

――イギリスの女子大生、優しさに心打たれたホームレスのために寄付金300万円を集める

英国の女子大生が、「ホームレスのヒーロー」のために寄付金1万6500ポンド(約300万円)以上を集めた話が話題を呼んでいます。

彼女は、銀行のカードをなくして深夜に帰宅できなくなり途方に暮れていたときに、あるホームレスから持ち合わせの最後のコインを渡されました。

「来る日も来る日も世間の無知に直面している男性から、そのような優しさを受けたことに心を打たれた」として、彼女はインターネットで寄付金を集め始め、多くの人の共感を集めています。

ホームレス 寄付金

参考元→http://www.afpbb.com/articles/-/3034577

■ホームレスのヒーローに心打たれる

学生は、英セントラル・ランカシャー大学のドミニク・ハリソンベンツェンさん。

銀行カードを失くし、帰宅出来ずにいたところ、ホームレスのロビーさんからお金を差し出された。

ロビーさんは、日々の生活も困難なはずのホームレスにも関わらず、手持ちの全財産3ポンド(約550円)を差し出すと「タクシー代にもらっておきなさい」と言った。

後から調べて分かったことのようだが、7ヶ月前からホームレスになっていたロビーさんは、”親切な人”として周囲でもよく知られる人だったようだ。

そのお金は受け取らなかったものの、その優しさに心打たれたドミニクさん。(受け取らなかったその日は、ロビーさんへの感謝の表明として、24時間ホームレス状態で過ごしたようだ)

帰宅したドミニクさんは、ロビーさんの宿泊場所のための寄付を募るプロジェクトを開始

インターネット上で、ロビーさんがくれようとしたのと同じ額である3ポンドの寄付を募った。

すると、多くの人が共感、じつに1万6500ポンド(約300万円)もの寄付金が集まった。

ドミニクさんは、「みんなの小さな親切心がひとつになって、今年のクリスマスに誰かの人生を変え、安全で暖かく、その人の路上生活を終わらせることができる」と語った。

■ネットの反応

いい話だなあ

こういうのが欧米の良い所。日本人よ日本の心を忘れてないかい

ボロは着てても心は錦ってやつだね。しかしこのおじさん受け取るかな。なんかそういうの良しとしない人なんじゃないかという先入観

>24時間ホームレス状態で過ごしてから寄付プロジェクトを実行
彼女もスゴイね

このホームレスの方は他にも「寒そうな格好をしてる人に自分のスカーフをプレゼント」したりと、近隣住民から親切なホームレスとして有名だった模様

物欲が無いからホームレスなんだろうな・・・

なんでこんな優しい人がホームレスをやってるんだろうな。人が良すぎてつけ込まれたりでもしたんだろうか

国民性が出るな。日本だとあり得なさそう

日本だとなさそうですねえ。

まず寄付を募るホームページが、「本当にホームレスにあげるの?」っていう疑いから入るでしょうし…。

寄付金を募ろうと行動する人も少ないでしょう(これは英国でも少ないとは思うけど)。日本だとTwitterにでも投稿して終わりそう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. 名無しさん より:

    これ、お金集めてるサイトのコメント欄に
    「女子学生が自分を売り出したいための詐欺じゃないか」って書かれてたが…

    ってからぱいあのコメ欄に書いたら載せてもらえなかったw

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑