BMWがスマートウォッチで車の自動駐車を行うシステムを開発中

公開日: : IT, らいとめNews

――BMWがスマートウォッチで車の自動駐車を行うシステムを開発中

最近、自動車メーカーは ”自動運転” や ”自動駐車” のシステム開発に取り組んでいますが、スマートウォッチを活用して…という目の付け所はBMWならではのようです。

BMWが開発中のシステムでは、スマートウォッチを介して、ボタン一つで駐車が出来るようになるかもしれないというもの。

狭い場所への駐車や縦列駐車など、難しい駐車をぜひ任せたいですね。

BMW スマートウォッチ 駐車

参考元→http://www.gizmodo.jp/2015/01/bmw_9.html

■「Remote Valet Parking Assistant」

BMWが開発中の自動駐車システム。

この駐車用センサーを搭載した特別仕様のBMW i3は「Remote Valet Parking Assistant」というシステムを搭載しており、完全な自動駐車を実現するそう。

他の自動車メーカーも自動駐車の開発には取り組んでいますが、BMWの「Remote Valet Parking Assistant」はスマートウォッチのアプリからシステムを起動、車外からボタン一つで駐車を指示することも可能です。

駐車用のセンサーにはレーザーセンサーを利用。周辺の状況を把握できるようになっているため、ドライバーがいなくても駐車が可能なようです。

また、駐車場を登録しておくことが可能となっており、登録した駐車場では縦列駐車も自動で出来るとのこと。

今のところまだ完全とはいえないようで、駐車場周辺の位置情報の登録が必要であり、しかもまだ駐車操作中にクラッシュする恐れがあるようです。

とはいえ、近い将来、完全なシステムとして登場しそうなことは間違いないでしょう。

BMWの自動駐車システムは1月にラスベガスで開催される総合家電ショー「CES 2015」でも展示される予定です。

昨年のCESでは、自動車メーカーのトヨタ、TeslaそしてGoogleが自動運転車の発表を行っていました。

ドライバーを必要としない、いわゆる”自動運転者”が現実のものとなるのも、すぐそこまで来ているようでワクワクしますね。

■ネットの反応

今すぐ実現してください!

すべての車にこれが搭載されると駐車場の車密度が上るんだろか?

スマートウォッチは開発しなくてもw そのへんの車の機能は相当将来かもだけど、API化される。でも、 車を保有したい人にとっては、BMの時計だぜになるのかな

駐車不得意な人には朗報

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑