5000万円で買える家を国ごとに比較したら日本ヤバイw

公開日: : らいとめNews, 生活

――5000万円で買える家を国ごとに比較したら日本ヤバイw

国土が狭い中で人口密度が高いため、必然的に土地代の高い日本。

先進国の中でも住環境は悪いと言われており、日本に来た外国人は皆一様に「ウサギ小屋みたいな家」と表現するようだ。

分かってはいたものの、実際に国ごとに比較してみるとなかなか辛い気持ちになった。

順番に国ごとに”5000万円”で買える家はこんな感じになるようだ。

■タイ

タイ

プール付きで、さらにはマーライオンのような石像まで・・・。

家の中もめっちゃ広いですね。

■インドネシア、バリ

インドネシア、バリ

続いて、インドネシア、バリ。

こちらはタイよりもさらに広く、古風な雰囲気漂う大豪邸。

豪邸というよりも、最早お城とかお屋敷のような家に。

■アメリカ、シカゴ

アメリカ、シカゴ

上2つほどではないにせよ、5000万円も出せば相当いい家に住めるようだ。

十分なほどにスペースをとったキッチン、リビング、ベッドルーム。

屋上にまで広いスペースが設置できるのは、なんとも魅力的だ。

■コスタリカ

コスタリカ

またもやプール付き!

こちらは平屋のようだが、その敷地面積はかなりのもの。

天井も高く造られており、なんとも開放感のある家に仕上がっている。

■ブラジル

ブラジル

一番スケールが大きいかもしれない。

すぐ近くに海が見える絶景。素晴らしい土地にも関わらず、まだまだプールまで付けられる贅沢っぷり。

自分の敷地内で、優雅に外での海水浴気分も味わえそう。

■スペイン

スペイン

こちらもプールに石像。

ヨーロピアンな雰囲気漂う豪華な造り。緑あふれる庭も素敵ですね。

■日本

日本

最後に日本。

悲しくなってきますね…。若いうちにお金を稼いで、老後は海外へ・・・という人たちの気持ちも分かるような気がします。

参考
http://netgeek.biz/archives/27651

比較は面白いですが、日本も田舎だともう少し豪邸になりそう。他の国も立地条件などがハッキリ分からないですしね。

日本に関してはその分、他のことで恵まれている部分も多いので、贅沢は言えないといえばそこまでではありますが・・・

ただ、”住宅環境”のみにスポットを当てるのであれば、やはり良いとは言いがたいのは確かなようです。

■ネットの反応

日本も地方行けば5000万円で広くて素敵な物件はある。国対国の比較に無理がある

田舎だったら、プール付いちゃう規模の家なんじゃないの?これ都会だからじゃ?

ホントこれな。自分の家にプールとかスポーツジムとか普通にあって、お手伝いさんがいる生活してると日本になんて帰る気にはなりません

土地代と人件費ダケ考えると当たり前の結果。インフラとセキュリティ、便利さ、どんな仕事、趣味かを考慮するとね

立地を無視し、土地ではなく上物を比較してなにが分かるのでしょうね

お金の使い途を再考。日本にいなきゃいけない理由ってなんだろ

これ見たらやっぱり日本の住宅事情には違和感を感じるなぁ。今の当たり前は、本当に正しいのか、そもそも何が幸せなのか、ちゃんと考えてかないとな

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑