中国ネットで日本の「お茶漬け」に批判殺到 「胃に悪い」「ちっとも食べたくない」

公開日: : らいとめNews,

――中国ネットで日本の「お茶漬け」に批判殺到 「胃を傷つける」「こんなもの出てきたらおわんひっくり返す」

「お茶漬け」美味しいと思うんだが・・・。

5日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で日本のお茶漬けについて紹介する投稿があった。

投稿では、「さっぱりとしていて胃が温まるお茶漬けは、平凡な日々に彩りを添え、深夜に帰宅した時の慰めともなっている」と紹介。

すると、これを見た中国のネットユーザーからは、「お茶漬けは体に悪い」「胃に悪い」と批判意見が殺到した。

お茶漬け

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9655240/

■お茶漬けは胃に悪いんだろうか?

大方、流し込むように食べるため、良く噛んで食べない=胃に悪い ということなのではないかと思われる。

また、「おかゆ」などは病気のときに消化の良い物として食べられる。実際、米、特に白米は繊維がほぼないため、炊いた上にお茶漬けやおかゆにすれば、それはもうほとんど柔らかいでんぷんだけになっているため、あまり噛まなくとも消化不良は起こりにくいだろう。

おかゆに比べて塩分が多いことなどは関係しているかもしれないが…。人間、体に良い物ばかり食べているわけではないので、お茶漬けくらいそこまで悪いものではないのではなかろうか…。

何より、日本のネットユーザーからは「中国は他に気にするところがあるだろ…」というのが意見として多いようだ。そりゃそうだ。

■中国ネットユーザーの反応

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、「お茶漬けの起源は日本ではなく、古代中国にお茶漬けに関する記述がある。だが、その簡単な調理方法ゆえに、生活のリズムが速い現代の日本社会において、お茶漬けは欠かせない存在だ」と写真付きで紹介。

また起源か…というのはさておき、この投稿に批判が殺到。

「胃が温まるだって?お茶漬けを食べたら胃を傷つけるのが常識だ。誤った方向に導くのはやめろ!」
「昔は何も食べるものがない時に食べたが、今は絶対に食べない。これは胃に悪いものだ」
「これは胃腸に悪いよ。胃病になりやすくなる」

「消化不良になります」
「もし家に帰ってこんなものが出てきたら、おわんをひっくり返すね」
「貧しかった子どものころによく食べたな。今は少しも食べたいとは思わないし、思い出したくもない」

「こんなのを見てもちっとも食べたいとは思わない」
「こんな風にご飯を食べたらお母さんに殴られる」
「子どもの時からこんな食べ方を教えるのは間違っている」
「直接おかゆにして食べたらいいんじゃないか?」

などのコメントが寄せられた。

■日本での記事への反応

何でも食う人たちに胃の心配されるとは・・・

まずは自国の食べ物の心配したらどうなのかね?

中国産の材料で作りゃそりゃ胃に悪い

健康とか気にしてんだ・・・

めっちゃ中国から心配されてる感ある(;´Д`)

マジかよ永谷園に文句言ってくる

そりゃ中国の水で作ったら腹壊すだろうな

まあでも中国人は自分の食い物心配するほうが先だろw

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑