男子校は健康に悪いらしいぞ…出身者は未婚率が高く短命 ハーバード大教授の研究

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 らいとめNews, 生活

――ハーバード大「男子校に入らないことは、運動をするのと同じだけの健康効果がある」

男性は女性と比べると、人との「つながり」を築くのが不得手だとされており、”健康”にとって人との「つながり」は重要なもの。

そのため、ハーバード大では「男子校に入らないことは、運動をするのと同じだけの健康効果がある」という説を唱える研究者もいるほど。

『友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法』(マガジンハウス)より、研究例を紹介。

男子校

参考元→http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150108-00000620-cakes-life

■男子校の出身者は未婚率が高く、短命である

本書のテーマは「つながり」

これは本書だけでなく、様々な研究成果が同じような結論を出しているのですが、人との「つながり」は人間の健康に大きく影響します。

孤独だと死亡率が上がり、婚姻しているかどうかや親しい友人との付き合いがあるかは、寿命に関係してきます。

その上で、ハーバード大学医学部の社会ネットワークの研究者であるニコラス・クリスタキス教授らの研究では次のようなことが説明されています。

女性と比べると人間関係を築くのが苦手な男性。そんな男性だけを集めた男子校という固定化されたコミュニティで育ってしまうと、コミュニケーション手段がワンパターンになり、卒業してそのあと大学生や社会人になってからの他者との「つながり」を作るのがとても不得手になるといいます。

つまり男子校出身者は短命であるという研究なのです。

クリスタキス教授らの研究によると、男子校出身者は共学校出身者と比べて65歳以下で亡くなる可能性が高いということがわかっており、教授によれば、

・男子校出身だと女性と出会う機会が少なく、未婚率が高い。(婚姻は寿命に影響するのは上述)
・男子校だと数少ない女性を争ってストレスが増える。人生の早い段階からストレスを受けることは、後々まで健康に悪い影響を与える。

という2つの理由を具体的なものとして指摘。その上で、「男子校に入らないことは、運動をするのと同じだけの健康効果がある」と教授は語っています。

男子校で「同じ釜のメシを喰う」ような生活をしていると、男性同士の絆は強くなりそうですが、「つながり」はその強さよりも、多様性が大切であるため、”狭く深く”だけではだめなようですね。

■もっと短く

1:男子校はコミュニケーションがワンパターンになりやすく社会に出たらヤバイ
2:女性と出会い得ないストレスヤバイ
3:男子校に入るのは運動してないのと同じくらいヤバイ

■ネットの反応

もうダメだ、人生詰んだ、なんの希望もない。男子校に入学したからこんなことになったんだ

孤独を楽しめたらまた別じゃない?

男子校なめんなちくしょう。子どもができたら男子校だけは反対しよう

多感な時期に男女を分離させるって生物学的にどうなのよ??と昔から思ってる

中高と6年間も男子校だった僕は、女性への接し方がさっぱりわかりませんでした…

女性慣れしていないと大学以降彼女を作るのに出遅れるとは思うがそれが生涯まで響くのかと言われればちょっと。ふーん。

共学でもぼっちだったら一緒じゃねーか!

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法 友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法
石川 善樹

マガジンハウス
売り上げランキング : 700

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. mqw より:

    「男子校の出身者は未婚率が高く、短命である」って言うのは全くのデタラメだ!

    ハーバード大学医学部のニコラス・クリスタキス教授の言うことだからそれが正しいとは限りません。

    男同士の関係をきちんと築くことができれば、異性との関係は問題ありません
    新・国民の油断 PHP研究所
    http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-63812-6より
    男の子が萎縮して気力のない子が増えるは、男女共学が続きすぎるからであって、男女別学にすると男の子は男の子らしくなるし、女の子は女の子の特徴をより強く持つようになるだろうと思います。
    イギリスのシェーフィールドハイスクールでは、数学のテストも男女クラスで設問の仕方を変えているそうです。
    男女の脳の違いに考慮した教育方針が実施された結果、男子生徒の国語と英語の点数は、全国平均の四倍になり、女子生徒の数学と理科の点はほぼ二倍の高さに達しているというのです。
    そういうやり方で能率が上がっている学校があります。ですから、男女共学が正しいということはないんですよ。

    男女共学 日米異文化
    http://home.att.ne.jp/theta/a-report/newpage55.htm
    男女共学化は狂気の沙汰
    http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Lavender/7559/index.html
    男女共学に思い複雑
    http://www3.shizushin.com/talkbattle/keisai/tb030413.html
    参考文献
    男女平等バカ
    http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin373.html

  2. hiromi より:

    「女子校は必要だけど男子校はいらん 」って言う者は大馬鹿モンだ!

    それだったら、

    今の格差社会は男女雇用均等法が廃止されないとなくならない
    ~ 雇用均等法前の日本はこんなだった
    http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=52
    http://www.freeml.com/bl/1837930/47682/
    男女雇用機会均等法から株価が下がり続ける ~ 世界で日本だけ沈没!
    http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=53

    女が教育を受けられたり、就職できたりするのはおかしい

    圧倒的に男よりも能力が劣るのに、一応雇ってあげる企業は凄い。
    男からすれば、赤ん坊が会社員してるのと同じような違和感を感じる。
    まぁ、お嫁さん候補なんだろうが。

    あと、教育も。どうせ女は結婚したら寿退職するのに、何の為に教育受けさせるのだろう。
    女が大学へ行く目的は、良いオスがいる場所(職場)に行く為。
    将来の子供の教育のために…とか言っても母親が1~10まで勉強教えるわけでなし、
    どうせ塾や学校頼みなんだから、結婚・出産が人生のゴールの女には教育は不要。

    女は幼稚園卒で良い。
    女に足し算を教えるだけでも時間の無駄。
    女は勉強する資格なし、勉強用具が可哀そうじゃないか。
    女は幼稚園を卒業したら飢えたオッサン達に強姦でもされてろ。
    女は猿みたいにキーキー騒いで遊具で遊んでろ。
    女に服など不要、裸で追いかけっこでもしてろ。

    男子校ば共学化して女子を入れると邪魔になる

    男と女では成長のスピードが異なる。
    中学くらいの段階では、精神的にも身体的にも一般に女子の方が成長が早い。
    男子はゆっくりだが、逆に高校に入るとぐんと伸びてくる。
    男子に限ることで、発達段階に即した無駄のない対応ができる。

  3. あきら より:

    女性差別は真っ赤なウソ

    テレビや新聞、学校の授業では「女性は差別されている」等とまことしやかに語られています。 これは社会の実態を正確に反映した主張なのでしょうか。賢明な男性諸君ならお気づきだと思いま すが実際は大きく違うのです。メス豚は差別されているどころか、いたるところでちやほや優遇 されていると言った方が正確です。今や社会はメス豚を中心に回っており、結果として男性差別 が日常化しているのです。この意味で現在の社会は「メス豚優遇社会、男性差別社会」と言える でしょう。

    では、女が如何に優遇されているのか、その凄まじい優遇ぶりについて具体的に見ていくことにし ましょう。これは以下の図にも示されておいてのですが、法律・政治的場面、 市場活動などの経済という場面、下半身のお付き合いといった男女関係の3つの場面について 検討していくことにしたいと思います。そしてこのいずれの場面においてもメス豚 は優遇されているのです。

    例えば法律・政治レベルにおいては女を保護する立法や政策は検討されても男性のための それは全くありえません。よく女子大生や女の就職難が引き合い出されていますが、これは事実の 歪曲です。実際はどうかと言いますと失業率では女よりも男性の方が統計から言っても高いのです。 また女の学生以上に男子学生の就職は困難なのですが、この事実が取り上げられることは全くあり ません。女の割合の多い短大の方が就職率が良いのにも関わらずです。また会社に就職する以前の話として、 女を武器にして風俗や水商売、愛人になったりと困ることはありません。加えて結婚して しまうことも出来ます。つまり女を武器にして何だってできてしまうわけです。こうしてみれば社会的に保護が必要なのは女ではなく 男性であることは明らかです。しかし残念なことに事実を歪曲させてでも法律や政治は女を中心に回って いるのです。

    二つ目の経済面におけるメス豚中心主義ですが、あらゆるサ−ビスが女を中心に回って いると言えるでしょう。言うもおぞましいレディ−ス・デイ を始めとしてレストランのメニュ−や店の雰囲気などあらゆるものがメスの趣向に合わ せてつくられているのです。例えば皆さんもご存知のように某ハンバ−ガ−ショップは 安っぽい笑顔と一緒に男性差別をサ−ビスしています。また街の店のほとんどは男性向けの店ではなくメス向けの 店なのです。しかも男性差別はこれだけに止まりません。テレビの中もまた然りです。 CMはまさに出演者は殆どが女であり、その商品も男性向けのものは殆どありません。 この意味でも男性が市場サ−ビスを受けることは難しいわけです。女性は 差別されているなどと言われていますが、これだけ市場のサ−ビスを優遇されたかたち で受けるところのどこが女性差別なのでしょうか。これは男性差別の間違いなのだと思 います。

    最後の女を中心とした男女関係なのですが、いわばこれが現在の女を優遇する社会の コアになっているのではないでしょうか。そもそも男女関係の最初の段階から女は男がアプロ−チするのをふんぞり返っ て待っています。そして付き合い出せば食事をおごったり、車に乗せたりと誰が決 めたのか男性が女に「いたせりつくせり」という習慣が出来あがっています。例えば 合コンであれば何故か費用は男性が全部払うことになってますよね。それどころか盛 り上げたり、コンパの設定、店の予約など全て男性がしなければならないことになっ ているのです。しかし、その逆にメスが男性に何かしてあげるといったことはないわ けです。つまり、全て奢ってもらって自分たちは楽しむだけ。悪いことにメス豚のト ンでもない自己中心性と幼児性があいまって、メス豚の言いたい放題わがまま放題で す。そんなメス豚は、黙って座ってれば全て男性がお膳立てしてくれると思っており 、気に入らない時だけ幼児のように文句だけはいっちょ前に吐くのですからどうしよ うもありません。

     これらのようにメス豚はあらゆる場面で男性よりも優遇されていることがお分かり いただけると思います。従って女性差別は全く根拠のないものであり、逆に差別され ているのは男性の方と言えるでしょう。よくテレビや新聞で、したり顔をした法曹家 や知識人が「女性差別」を取り上げています。しかし彼らは上記のような実態を果たしてどれだけ知っ ているのでしょうか?性教育にしても然りです。まだマンコの穴か尻の穴かさえよく 分からないような純情な性少年を相手に女の心を大事にしましょうだか、女の体を大 事にしましょうとか寝言を教えているわけです。このような間違った教育のせいでど れだけの男性が犠牲になったことでしょうか。性教育において教えるべきは女の不潔な実態であり、 女のほうからから腰を振って売春や火遊びをしている実態こそ教えるべきなのです。あまりにも現実に対する認識が薄いといわざるを得ません。そ んな認識の希薄性が現在の女を優遇する社会や男性差別に拍車を掛けているのです。 そんな現状を変えるためにも、女が優遇され男性が差別されている実態について認知 度を高める必要があると思います。

    補足

    差別されていると被害者ヅラをする♀豚ですが、そのくせ 男性を馬鹿にしたり社会的弱者を差別する勘違いにまみれた不潔 な生き物です。仕事をすれば自分は仕事の出来る女と勘違い、そして仕事の出 来ない人を差別する。東南アジアの女性を馬鹿にする。これが差別されている と叫ぶ日本のメス豚の姿です。STOP男性差別!男女平等・女性差別というウソ!

  4. oono より:

    ジェンダフリー政策による国家崩壊の危機
    http://konn.seesaa.net/article/5667854.html
    女を優遇する社会に反対する会
    http://www.angelfire.com/crazy4/yarimanko/dansei.html
    ここまでいった男女混合教育
    http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-5.html
    ジェンダーフリーの総本山のHPです。これがジェンダーフリーの実態です。
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~tokutake/koregajendafuri.htm
    男女共同参画の正体
    http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/612.html
    羅生門http://www.geocities.jp/rasyou1a/ (反男女共同参画のサイト)
    ぶっ飛ばせジェンダーフリー 真の男女共同”家族・社会”を目指そうhttp://plaza.rakuten.co.jp/hisahito/
    「ジェンダーフリー」ブッタギリ!http://poem.iza.ne.jp/blog/

  5. shinobu より:

    女は家庭、男は仕事、でうまくいってたのに。
    女が経済力をつけて、強くなって、家も会社もおかしくなっちゃった。
    女の高学歴化,社会進出が日本をダメにした。

    女は文明社会を築く能力が無い 

    以下のようにあらゆる学問・発明・制度が男性の頭脳によって創造されました。
    文明社会が男性の頭脳によって創られたものです。
    男女平等という思想が誤った思想であることは明らか。

    【学問】 
    数学・論理学・物理学・建築学・工学・科学・社会学・・・・・・・

    【発明】        
    自動車・飛行機・ロケット・船・鉄道・オートバイ・コンピュータ・複写機
    カメラ・テレビ・ラジオ・映写機・冷蔵庫・洗濯機・レントゲン・無線機
    電話機・顕微鏡・望遠鏡・印刷機・拡声器・レコード・CD・DVD・時計
    発電システム・送電システム・信号システム・通信システム・複式簿記
    ・免疫療法・ワクチン療法・・・・・・・・・・・・・・

    【制度】
    教育制度・司法制度・選挙制度・統治制度・貿易制度・金融制度・・・・・

  6. shinobu より:

    ハーバード大学医学部の社会ネットワークの研究者であるニコラス・クリスタキス教授らはフェミニストですか?

    フェミゾンとは?
    「フェミゾン」とは? 「男女平等(フェミニズム)」と「女性の特権への依存」のおいしいとこどりをし、男性差別を正当化しようとする女のこと。
    「バックッシュ」とは?
    男女平等における男性並の責任や役割から、逃避し(バックレ)、女性の既得権益に逃げ込み、男性差別を温存させようという女たち、フェミニストたち。フェミゾンの撤退戦略について。
    バカマッチョとは?
    男性を差別し、女性に甘く、結果的に、男性の首を絞めることに気づいていない男性差別主義のバカ男。フェミゾニズムに加担する男性のこと。
    ]]>

  7. misao より:

    フェミニストについて
    ①「相手の言うことを聞かない。」
     相手の意見を全く聞きません。そのため話し合いになりません。とにかく話し合いを避ける傾向にあります
    ②「自分は絶対正しいと信じきっている。」
     自分だけは正しいと思い込んでいます。ジェンダーフリーの間違いを認めません。ジェンダーフリーは正しいと信じ込んでいます。 ジェンダーフリーが正しいのではなく、恨みを肯定し、復讐を正当化できるので、離れることが出来なくなっているのです。
    ③「傲慢である。思い上がっている。」
     相手を下に見ています。特に、自分に反対する人をバカにしています。
    ④「女性の内面の美しさを否定します。」
     女性の本当の美しさは「内面」にあるのに、それが分からないようです。しかも、自分自身の内面の美しさをも否定しているので、美しくありません。
    ⑤「具体的なことが主張できません。」
     彼女たちは具体的なことを提示することができません。それもそのはず、復讐が目的ですから。
    ⑥「復讐だけを考えている。」
     男性に対する復讐ばかりを考えていて、そのことを自覚していません。
    ⑦「男性に相手にされないので、ますます依怙地(いこじ)になり、ますます恨みがつのる。」
     悪循環ですね。でも、モテナイことは社会のせいでしょうか?自分のせいでしょうか?
    ⑧「自分たちだけの世界に閉じこもっている」
      自分たちだけの世界に閉じこもっているので、一般人には通じない、自分たちにしか通じない言葉や考えをします。『反対派は相手にしない』とよく言いますが、相手にしないのではなく、相手にできないのです。そして、恨みを増幅しているのです。
    ⑨「自分たちは女性の意見を代表している、と思っている」
     彼女たちの主張は、ごく少数の女性の意見に過ぎません。大部分の女性は彼女たちに「?」と思っています。
    ⑩「性の自由化、フリーセックスを煽る」
     性の自由化とは、すなわち、フリーセックスのことでございます。青少年にフリーセックスを薦め(すすめ)、フリーセックスを煽る(あおる)とは言語道断です。
    絶対に許せません。自分がモテないから、すぐ体のつながりになっちゃうのでしょうか?
    ⑪「自由には責任、権利には義務が伴うことを言わない。」
     責任のない自由はありえないし、義務のない権利もありえません。しかし、彼女たちはこの大事なことを言いません。わざと言わないのでしょうか?どちらにしろ、悪質です。
    ⑫「『男らしさ、女らしさ』を否定します。」
     「男らしい」とか「女らしい」とかが嫌いですね。特に「女らしい」が大嫌いのようです。この「~らしい」ということは、「理想の型がある」ということだと思うのです。
    ですから、「~らしさ」を否定することは「理想型を否定すること」になると思うのですが、いかかでしょう?
    ⑬「『ジェンダーフリーを誤解している』と言う」
     批判や反対意見には、必ずジェンフリを誤解していると言います。私はジェンダーフリーの事実について述べているのです。(ジェンダーフリー初級編でジェンダーフリーについて詳しく触れてみたいと思っています。)
    それでも誤解と言うのなら、どこが誤解なのか具体的に教えて欲しいものです。実のところ、理論的に反論ができないので、苦し紛れ(くるしまぎれ)にこう言っているのです。ここで一句
    ⑭育児の外注化を主張しています。
     育児は他人任せ(保育園・幼稚園)にして、親がやるものでないと考えているフシがあります。これは躾(しつけ)や徳育の放棄であります。(生活のため仕事をしなければならなず、やむをえず、子供を預けている人は別です。)
    フェミニストは全ての子供の育児の外注化を狙っています。      
    ⑮専業主婦が嫌い
     専業主婦が嫌いです。憎んでいると言っても良いと思います。それは、嫉妬のためです。専業主婦に嫉妬しているのです。普通に、幸せに暮らしている専業主婦に嫉妬しているのです。
    ⑯過激な性教育を行っている
     とても過激な性教育を行っています。普通の感覚でいえば、いきすぎです。
    目をそむけたくなります。      
    ⑮専業主婦が嫌い
     専業主婦が嫌いです。憎んでいると言っても良いと思います。
    それは、嫉妬のためです。専業主婦に嫉妬しているのです。普通に、幸せに暮らしている専業主婦に嫉妬しているのです。
    ⑰『感謝・喜び・幸福』などの言葉を言わない
     フェミニズム関係の本を何冊か読みました。また、
    フェミニズム関係のサイトもいくつか閲覧しましたが、
    「感謝・喜び・幸福」という言葉はめったに出てきませんね。特に「感謝」には一度もお目にかかったことがありません。フェミニストは感謝しないのですね。
    恨みを晴らすことが目的ですから、仕方ありません。
    ⑱外注(アウトソーシング)が大好き
     外注が大好きです。しかも、わざわざ分かりにくいカタカナ語を使っています。「外注」と言わずに「アウトソーシング」と言っています。
    これは「分かりにくくするため」であり「頭を混乱させるため」であります。気をつけましょう。
    「外注好き」の例
     子育て  →  保育園などの施設
     家事    →  家政婦や、ホームヘルパーなど
     夫婦関係 →  ジェンフリの学者を呼んで講演
     自分らしさ →  フェミニストを呼んで講演
    ⑲独身の孤独なおばさんが多い
     ジェンダーフリー推進派の人々は、独身のおばさんが多いです。
    特にフェミニストとして公の場に登場する人、表に出てくる人に多いです。
    ⑳存在しない敵を勝手に作り、その敵を攻撃している。  
     実際には存在しない敵を勝手に作り、その敵を攻撃しています。
    人の意見を正確に理解する能力がないのでしょう。まるで、風車を怪物と勘違いして向かっていったドンキホーテのようです。

  8. 宮台 より:

    男子高・女子高を残せ!

    高校の共学化が流行っていました。
    仙台では共学化ストップを求めて高校生がデモ行進を行いました。
    共学化については立場や学校形態によって様々な見解があります。

    ●私立中高の共学化について
    私立ではここ数年、共学化に踏み切る男子校、女子高が増加しています。
    これはほとんどの場合、経営的判断によるものでしょう。
    単純に、マーケットが2倍になるわけですから。
    近年では、私立の中堅女子中学はかなり厳しい状況。
    医療系や保育などの大学や短大につながっている学校は健闘していますが、
    単体の私立女子校には、世間の風は冷たい。
    男子校も、伝統校や難関進学校、付属校以外はやはり厳しい・・・。

    しかし、私立男子校は質実剛健たる男を育てる、
    私立女子校は良妻賢母を目指し教育をする、などなど、
    別学でしかできない教育を行ってきたはず。

    そうしてきたはずの学校が安易に共学化してしまうのは
    まことに残念なことです。
    名実ともに感銘し、積極的に生徒に受験を勧めていた学校がありましたが、
    共学化で軟派になり、あまり勧められなくなりました。

    ●公立高校の共学化について
    6月末に仙台で、男子校、女子校の生徒が共学化ストップを求めてデモ行進を行いました。
    各メディアでは、旧態依然とした男女別学は好ましくないという主張が大半を占めています。
    しかし、すべての公立高校が別学というわけではなく、
    通学圏内の高校の中に共学も別学もあり、その中から選択できるわけです。
    そもそも高校は義務教育ではなく、進学する意志も学校選びも自由なのです。
    昔からの慣習でだらだらと別学を続ける意味はないですが、
    ムリに共学化をする意味もありません。共学の学校もあるんだから。
    現に、少なからず別学を希望する受験生は存在します。
    共学のメリットもわかった上で言いますが、
    男子校だからこそ、女子校だからこそできる教育がたくさんあります。
    私自身が男子校出身なので強く感じています。
    『男の先生が、男として、男の生徒に伝えるべきこと』がたくさんあります。
    女子校も同じです。
    共学化一辺倒で主張する人は、ちょっと思考がカタすぎやしませんか?
    共学はすでにたくさんあるんだから、選択肢として別学があってもいいじゃない。
    長い人生の中で、
    男ばかり、女ばかりの生活が3年や6年ぐらいあってもいいじゃありませんか。
    むしろ、あるべきだと思います。
    それでも「どうしても共学がいい」と色気づく受験生は共学を選択すればいい。
    男女別学は立ち遅れた考え方ではありません。
    むしろ、日本が生み出した、日本独特の見事なシステムです。
    男子校、女子校は受験生の選択肢としてちゃんと残さなければいけません。

  9. 尭実 より:

    女子校の共学化有効、男子校の共学化は有意性なし
    全私学新聞より
     私立女子高校の共学化効果の検証結果を報告したのは同連合会の「平成十三年度生徒収容対策に関する調査報告」。毎年、同委員会の大坪孝雄特別委員(宮崎女子短期大学長)が中心となって、公私立高校における生徒入学状況や時系列変化、今後の見通しなどを集計分析、報告書にまとめている。報告によると、私立の女子高校の募集定員充足率は平成十一年度の八五・四%から十二年度には八三・五%に、十三年度には八〇・六%に低下しており、同じ十三年度、男子校の充足率が九五・五%、男女校が九八・四%と高いのに比べると大きな違い。また十年度から十三年度まで募集定員充足率が八〇%未満だった高校は女子高で六十八校だったが、それは全国の私立女子高の一七・六%を占めたが、定員充足率八〇%未満の男子校は男子校全体の七・七%、八〇%未満の男女校は男女校全体の一〇・五%と女子高を大きく下回っていた。反対に募集定員充足率一〇〇%以上の高校は、女子高校の場合、一二・五%に過ぎず、男子校、男女校は二〇%台。
     私立女子高校の苦戦は、これまで男子生徒の入学する割合が高かった工業科などの職業学科が、公立高校で相次いで女子の人気の高い総合学科に衣替えしたことや、一部の地域では中学卒業者の男女比率を上回る女子を入学させているなどの原因があるようだ。こうした環境の中で生徒募集に苦戦する私立女子高校では男女共学化に踏み切る学校が増えており、全国で十二年度には十九校の女子高校が、また十三年度には十四校の女子高校が共学化に踏み切った。
     それらの高校の定員充足率を九年度から十三年度までの変化でみると、十二年度転換校の転換前三年間の平均定員充足率は七六・七%だったが、共学化後の十二年度は一一九・三%、十三年度は一〇四・六%と上昇した。十三年度に転換した女子高校も同様の結果だった。女子高校の共学化には、同時期にカリキュラム改革や校舎の改築等が行われている場合も考えられるが、同報告は、明らかに共学化の有意性が認められるとしている。ただし例外もあり、十二年度転換校より十三年度転換校の方が定員充足率の低下した学校が増えていた。男子高の共学化には有意性はなかった。

  10. Daisuke より:

    お金はメスの大好物

     物欲に金銭欲、女の強欲ぶりにはあきれるばかりですがこの二つの欲望は女の本質を 特徴付ける最たるものと言えるでしょう。女は決まってお金持ちと結婚したいですし、 ブランド物を買い漁るのもメス豚特有のものです。前回の凄まじい女の食欲に引き続き 今回は女の金銭欲と物欲の凄まじさについて焦点を当ててみましょう。

    女の物欲の凄まじさは至るところでみることが出来ます。ブランドのバッグに始まり、 化粧品、服に靴、指輪や宝石など止まることを知りません。服や靴にしても生活するのに 必要な限度を超えてこれでもかと買い漁り溜め込むわけです。また女の欲しい物は値段の 高い物だけではなく値段の安い物にもいかんなく発揮されます。バ−ゲンセ−ルで女が 開店と同時に店内に雪崩れ込む様はまさにブタそのものと言えるでしょう。商品の価値や 値段はあまり考えず、ひたすら物を買って所有すること自体に欲望を感じるのだと思いま す。男性の場合にはこのような事はありえず、この女の見苦しい様は理解に苦しむところ です。

    では次に女の金銭欲について見てみましょう。物を買うにあたっては当然お金が必要とな ります。物事うまく出来ているもので、物欲の塊である女は同時に凄まじい金銭欲も兼ね 備えているのです。本題の冒頭においても述べましたが、医者や弁護士といったお金を稼 ぐ職業やお金持ちと結婚したがるのは例外なくメス豚です。魚釣りのように札束を針に引 っ掛けぶら下げたら女釣りが出来るにちがいありません。きっと定期券のように女の股も フリ−パスになるでしょう。

    そして金銭欲との関連においてたちが悪いのはメス豚どもは女を武器にして、自分で稼いだわけ でもないお金を男性から盗っていくことなのです。女の場合は自分で稼がなくても愛人になったり 結婚すれば生活に困ることはありません。食事だって男性に奢ってもらえますし、車だって自分で 持たなくても男性に乗せてもらえるわけです。よく「女は働けず差別されている」などと、 テレビや新聞で垂れ流されていますが、嘘も甚だしいというものです。そもそも法律からして財産分与など と言って女が自分で稼いだわけでもない財産を男性から吸い取っていく仕組みになっているぐらい なのですから。法律に始まり社会全体が女に都合よく出来ているのが実際のところです。 やはり男性差別社会を変えていくためには、このような女を優遇するような法律上の規定は 廃止していく必要があると考えます。また女は奢ってもらって当然といった男性差別を象徴 する悪い習慣はなくしていく必要があるでしょう。STOP男性差別!男女平等・女性差別というウソ!

    今日のトリビア・・・お金

    男性は頭脳でお金を稼ぐ。女は下半身でお金を稼ぐ。78へえ

    Daisukeの一言

    金目当てに男性と付き合う女や金を騙し取る女はミンチにされて犬の餌にでもなれ、このメス豚どもが!!

  11. 名無しさん より:

    共学の休憩時間の風景ヤバすぎwwwwwwwwwwwwwwwww
    http://hamusoku.com/archives/8705481.html

  12. 名無しさん より:

    フェミニスト(ハーバード大学医学部の社会ネットワークの研究者であるニコラス・クリスタキス教授ら)は嘘吐き(反社会性人格障害)です。

    フェミニストは嘘をつくな。

    嘘吐きに教育を論ずる資格はない。

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑