なぜバレないと思った…中国税関、体に94台のiPhoneを巻きつけ密輸を試みた男 「歩き方がぎこちなくて」逮捕

公開日: : らいとめNews, 生活

――中国税関で身体に94台ものiPhoneを巻きつけ密輸しようとした男が逮捕 「歩き方がぎこちなくて」バレる

なぜバレないと思った…。

先日、中国本土と香港の間に位置する税関、福田口岸で怪しい男性が発見されました。

ロボットみたいにカクカク歩く怪しい男性は、もちろん税関職員に呼び止められ、別室で調べたところ、計94台ものiPhoneを身体中に巻きつけて密輸を企てていたようです。

2015年になっても相変わらずの稚拙な手段に注目が集まっています。

iPhone 密輸

まるでアイアンマン

参考元→http://gigazine.net/news/20150113-94-iphone-smuggling/

■金属探知機が反応しまくり、バレる

iPhone 6/6 Plusの発売当初、転売目的の中国人集団が騒動を起こしたことは記憶に新しいが、2015年も始まったばかりの1月、早速税関で密輸の疑いで逮捕された男が現れた。

広東省深センと香港を結ぶ福田口岸に現れた男。

明らかに挙動不審な動きに税関職員が気付き、調べたところ94台ものiPhoneを身につけて入国しようとしていた。

取り調べの結果によれば、男は胸、腹、局部、太もも、ふくらはぎに iPhone5S、及び iPhone6をガムテープで巻き付け、その上から服を着て隠していたという。

「体に巻きつけて税関を突破」というのは、よくある手口で、モバイルアーマーなんて呼ばれたりもしているが、ここまでの量となると滅多にないそうだ。

防御力が極端に低いアイアンマンみたいな状態の男の姿に、中国メディアや中国ネットユーザーも驚きを隠せない模様である。

後ろは翼みたいになっている。

モバイルアーマー

■後を絶たない密輸

彼がとったような「体に巻き付けて税関を突破する方法」は典型的な密輸方法で、過去にも同様の手口が何度も摘発されている。

2014年12月からの1ヶ月間だけでも、今回摘発があった福田口岸、及び同じ所轄の皇崗口岸では18件を摘発、うちiPhoneだけで実に282台も押収されているそうだ。

仮に職員の目はごまかせても金属探知機でひっかかり、すぐにバレそうなものなのになぜなくならないのだろうか…。本当に密輸している人や業者の目眩ましなのではないかと勘ぐってしまいたくもなるような話だ。

■ネットの反応

相も変わらずやねぇ

コンボイのコスプレして行けば逆に不審に思われなかったんではw 幾ら儲けようと考えておったんだろう

座席座るのも大変そうだし、途中でトイレ行きたくなったら最後ですなw

ツッコミ所が多過ぎて、何処からツッコんだら良いのか分かんなくなった

ガンダムみたいw

自然に見えるようまず練習という発想は無いのか?

なぜバレないと思った・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑