「ひとり暮らしで寂しかった」 アライグマを捕獲・飼育した高齢者が書類送検

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 らいとめNews, 生活

――「寂しかった」アライグマを捕獲・飼育した78歳男性を書類送検

まぁダメなものはダメなのだけど… 「許してあげて」とちょっと言いたくなる話。

神戸市で78歳の男性が”ひとり暮らしの寂しさ”からアライグマを飼っていたため書類送検になりました。

アライグマ

参考元→http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201501/0007660691.shtml

アライグマの捕獲、飼育で書類送検

兵庫県神戸市で、無職男性(78)が鳥獣保護法違反と外来生物法違反の疑いで書類送検されました。

男は、「一人暮らしのさみしさを紛らわせたかった」と供述しており、特定外来生物のアライグマを捕まえて、飼育したとのこと。

男は、同市兵庫区鵯越筋の山中に箱わなを仕掛けて、罠にかかった雄のアライグマ(体長約60センチ)を自宅で12日間飼育。同署によれば、男は山中に投棄されていた箱わなを修繕して使用していたという。

野生動物の捕獲、飼育は鳥獣保護法で規制されおり、特定外来生物のアライグマは外来生物法からも飼育が禁止されています。

78歳で一人暮らし、しかも投棄されていた罠を修繕して使用・・・。ちょっと同情したくなりますね…。

アライグマ

アライグマ2

アライグマは、哺乳綱食肉目アライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類。タヌキに似ており、前足を水中に突っ込んで獲物を探る姿が手を洗っているように見えることが名称の由来である。

雑食性であり、小動物を捕獲して食べる。北アメリカ原産で、日本やヨーロッパにも外来種として生息。

移入後の繁殖により、農作物への被害や生態系への影響などが問題となっている

さまざまな動植物を幅広く捕食する雑食性のうえに繁殖力が強いため、在来生態系に影響を与えている可能性が指摘されており、日本生態学会は日本の侵略的外来種ワースト100のひとつに本種を選定。

日本各地で駆除を進める地方自治体や研究機関と、一部の動物愛護団体との間で、論争が起こることも多い。

アライグマ問題 wiki

ネットの反応

外来生物法と鳥獣保護法違反とはいえ、寂しいなぁ…。

なんか切ない!許してあげてよぉ…

いつまでも一人暮らししてたら、いつかは自分もこうなる・・・かも

気持ちは分かるけど、ネコとかじゃダメだったんだろうか

飼育しちゃだめなのか…

アライグマは凶暴化するのでむしろ引き離されて良かったかも……

なぜアライグマにしたのか…。罠にかかったのが他の生物だったらそっちを飼っていたのかな。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑