スイス・フランのすさまじい急騰 結局損した投資家と最大の勝者とは…

公開日: : IT, らいとめNews

――スイス・フランのすさまじい急騰 結局損した投資家と最大の勝者とは…

15日、スイス・フランが歴史的なほど急騰した。

理由は、スイス国立銀行(中央銀行)が、自国の通貨「スイスフラン」の上昇を抑えるために設けていた1ユーロ=1.20スイスフランの上限を撤廃したためだ。

スイスフランは、ユーロをはじめドルや円など主要16の通貨に対して軒並み「買い」が優勢の全面高の様相になった。外国為替市場は大荒れとなった。

スイス・フラン

15日の急騰

2011年当時、欧州の債務危機のなか、景気悪化とデフレ懸念を背景にユーロを売ってスイスフランを買う投資家の動きが止まらなかったため、スイス国立銀行は11年9月6日にスイスフランに上限制を導入。

外国為替市場で無制限にスイスフラン売り・ユーロ買いを進めることで、スイスフラン高を抑えてきた。

しかし、過去3年間維持してきたこの政策を突如断念することを発表。しかも、中銀の副総裁は「1カ月弱前にあらゆる角度から状況を再評価したが、スイスフランの上限は今後も金融政策の基礎であるべきと確信している」と述べており(ロイター)、本当に突然の出来事だったといえる。

スイスフランは対ユーロで、発表直後の1月15日午後6時53分(日本時間)に、前日比30%高の1ユーロ=0.92フランを付けた。一時は0.8517フランまで上昇し、過去最高値を記録。

ドルに対しては26%上昇の1ドル=0.81フラン近辺と、2011年8月以来約3年5か月ぶりのドル安・スイスフラン高の水準となった。

対円では、115円台から一時162円台前半まで約47円も急騰したが、その後は130円近辺まで30円ほど急反落するなど、大きく上下に振れている。

こうした外国為替市場の混乱に、外為どっとコムやジャパンネット銀行などの外国為替証拠金(FX)取引業者が相場の激変を理由に、急きょ取引の一時停止などの措置をとった他、ネットでも阿鼻叫喚の叫びとなった。

掲示板『【CHF】スイスフランのレートに一喜一憂するスレ』などを中心に、「追証やばい」「まさに阿鼻叫喚」「まじで死人が出るだろ」「手が震えてる」など、動揺の声が寄せられている。

ネットでの声はNeverに数多くまとめられていましたのでそちらをどうぞ。

http://matome.naver.jp/odai/2142132210649651101?&page=1

損したのはむしろユーロ安の影響

国内での投資家で損失を被った人について「外為どっとコム」は分析する。

それによれば、スイスフランはそもそも取引している人が少なく、影響は小さかったという。

むしろ影響が大きかったのは、ユーロ安に動いたことにより、(円安に進むとみて)投資していた人が多く、そのような人の損失が大きかったようだ。

外為どっとコム 神田卓也

外為どっとコム総合研究所の石川久美子氏は、ツイッターで「スイス国立銀行がFXやってる人に与えた衝撃は『ドル円いきなり115円→78円』『日経平均いきなり-1200円』に相当」と、その急騰による影響を例えた。

とはいえ、同所の神田卓也氏によれば「スイスフランによる国内のFX投資家への影響は小さかった」という。

そもそも、国内のFX投資家がスイスフランを取引している人はきわめて少ない。取り扱っているFX業者が少ないこともあるが、2014年11月の売買高でみると、FX取引全体(570兆円)の1%にも満たない。

神田氏は、「スイスフランは日本円と同じで、世界的にみれば『安定通貨』です。低金利で、日本円とのペアでは儲けも薄いため、人気がないんです」と、取引が少ない理由を説明する。

ただ、それでは済まないのが為替相場。

スイスフラン暴騰の動きは、他の通貨にも大きな影響を与えている。なかでもユーロは対スイスフランで急落したことから、ドルや円に対しても大きく値を下げた。ユーロは、対ドルで一時1ユーロ=1.1580ドル近辺と2003年11月以来11年2か月ぶりのユーロ安・ドル高水準となったほか、対円では1ユーロ=135円80銭近辺と14年10月以来の円高・ユーロ安水準になった。

神田氏は、「国内の投資家にとって、むしろユーロ安の影響が大きかった。もともと円安が進むとみて投資している人が多いのでユーロ安に動いたことによって、損失を被った人は少なくなかったはずです」と話す。

http://www.j-cast.com/2015/01/16225480.html?p=all

大勝利となったのは・・・「まるでクリスマスがまた来たみたい」

スイス・ジュネーブ フラン高騰

15日、スイス・ジュネーブ中心街の外貨両替所にできた長蛇の列は興奮冷めぬ様子だった。

高騰するスイスフランを外貨に両替しようと両替所に人々が殺到。

列に並ぶバネッサさん(28)は「まるでクリスマスがまた来たみたい」と興奮をあらわに話す。

喜ぶのには理由がある。バネッサさんの勤務先はスイス国内の病院だが、住んでいるのは国外なのだ。スイスで働きながら、フランスやドイツ、イタリアなどユーロ圏の近隣諸国に生活基盤を置き税金を納める労働者は、スイスに約28万人いる

15日のスイスフラン高騰における最大の勝者は、こうした国境をまたいで生活する「フロンタリエ(国境在住者、越境通勤者)」たちだった。収入が一瞬にして30%も増えたのだ。

バネッサさんは「スイスフラン預金を全額ユーロに交換するべきかどうか」思案中だと語った。

一方、スイス国内の居住者たちの多くも、スイスフランの高騰に心を躍らせた。海外で長期休暇を楽しんだり、近隣諸国の不動産を手頃な価格で購入したりできるようになるからだ。

「ユーロ圏への旅行が安くなる。フランスに別荘を買いたい人にとっても朗報だ」と、資産管理業を営むシャルル・グトウスキ(Charles Gutowski)氏は話した。

http://www.afpbb.com/articles/-/3036710

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑