北海道教育委員会、「ノーゲームデー」を指定 ネットでは否定的な意見も

公開日: : ゲーム, サブカルNews

――北海道教育委員会が毎月第1・3日曜日を「ノーゲームデー」に指定

確かに、公園で遊んでいても集まってゲームしている子供、ご飯を食べにいっても、食事が運ばれてくるまでゲームしている子供など…

「そこまでやらなくてもいいのでは…」とも思えるほどゲームに熱中している子供も少なくないですが、教育委員会が指定する程なのか・・・。

このたび、北海道教育委員会が指定した「ノーゲームデー」が話題を呼んでいます。

ノーゲームデー

ノーゲームデー2

北海道教育委員会HP→http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/sgg/dosankooutmedia/n.htm

■「ノーゲームデー」

北海道教育委員会が定めたノーゲームデー。毎月第1・第3日曜が「ノーゲームデー」となります。

この日には、大人も子どももゲーム(コンピューターゲーム、携帯式のゲーム、携帯電話やスマートフォンを使ったゲームなど)から離れて家族団欒や体験活動、読書などに勤しみましょうと、呼びかけており、ネットでも話題に。

この試みは ”ネット利用も含めた望ましい生活習慣” を定着させようとする「どさんこアウトメディアプロジェクト」の一環として発足。電子メディアへの接触時間を見直す取り組みとなっています

昨年12月のシンポジウムで提案され、2月1日にはキックオフイベントを道内の青少年体験活動支援施設で開催する予定。当日はスノーラフティングや釣り体験などのアウトドアイベントも併催されます。

全国調査によると、北海道の子どもの学力は全国平均を下回っており、ゲームやネットの使い方を見直すことでこれを改善する狙いもあるのではないかとのこと。

■ネットの反応

とはいえ、ツイッターなどでは「ゲーム=悪(記載はされていないが☓印が付けられたりしている)とするのはどうなのか」「野外活動がそんなに偉いのか」など否定的な意見も多い模様。

以下、反応を一部。

・余りに野外活動に拘りすぎるところが気になる。この時期、外の方が危険なケースも北海道にはある。

・各家庭や地域における望ましいネット利用に向けたルールづくりの促進→分かる
電子メディアとの付き合い方を考えるための活動→まあ分かる
ゲームだけを狙い撃ち→分からない

・イベント内容見るに、普通に「アウトドア活動デー」でいいと思うのだが、それだと人が集まらないのかな

・HP見ると単純にアウトドアイベントへの誘導活動って感じでゲームが悪っては書いてないですけど、ゲームしてる姿に×印つけたり明らかにゲームを目の敵にしてる感じが何だかなあ

・ツッコミどころ満載ですが、せめて、公共事業なんだから丁寧に根拠くらいは示そう。「各家庭や地域における望ましいネット利用」って誰が望ましいと判断するわけ?

まったくのお節介な話

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑