【ツイッター】音楽ライター、妖怪ウォッチ『ニャーKB』のEDを「クソみたいな曲」と批判し炎上

公開日: : アニメ, サブカルNews

――【ツイッター】音楽ライター、妖怪ウォッチ新EDを「クソみたいな曲」と批判し炎上

ライターの宇野維正さんがツイッターで、妖怪ウォッチのED曲『アイドルはウーニャニャの件』について、「クソみたいな曲」「息子が死んだ目をしている」などと批判。

これに対して、AKBファンから批判が殺到し、炎上騒動となっている。

宇野維正さんのツイッターより

※宇野維正

映画/音楽ジャーナリスト、エディター/ライター 
主な執筆媒体:MUSICA、クイック・ジャパン、装苑、GLOW、BRUTUS、T.、ワールドサッカーダイジェスト、ナタリー、リアルサウンド、映画.com。宇多田ヒカル、『相棒』シリーズなどのオフィシャルライターも
(ツイッター自己紹介文より)

この発言に、AKBファンから批判が殺到。

「文句があるなら、直接言え」
「は?何言ってんの?」
「親が親なら子も子ってことですね」

などのコメントが寄せられている。

AKBファンからのコメント

ED曲『アイドルはウーニャニャの件』

『アイドルはウーニャニャの件』

1月9日よりアニメ「妖怪ウォッチ」の新エンディングテーマソングとして流れている。

AKB48の島崎遥香ら7人が新ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」を結成し、『アイドルはウーニャニャの件』を歌う。

妖怪ウォッチの人気キャラクター・ジバニャンがアニメやゲームの中で熱狂するアイドルグループ「ニャーKB48」が現実で登場することとなり、コラボが決まった。

ちなみに、ED前曲は「ようかい体操第一」。

ファン以外からは冷静な声も

1日で5000近くのリツイートがされ、炎上騒動となっているようだが、ファン以外には冷静な声も少なくないようで、

「楽しんでる子供もいる。クソって言い方はないのではないか」「嫌ならチャンネル変えればいい」といったコメントから、

「妖怪体操の後だし余計になあ…」「子供以外も取り込んでいかないといけないし戦略的に仕方ない」「普通に妖怪体操第二でよかったのでは」などといった声もあるようだ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑