『埼玉県のひみつ』 県発行のマンガが自虐ネタすぎて話題に

公開日: : サブカルNews, ラノベ・小説・漫画

――『埼玉県のひみつ』 県発行のマンガが自虐ネタすぎて話題に

埼玉県が発行している学習マンガ『埼玉県のひみつ』。

このマンガは、サッカー少年の友情ストーリに感動しつつ、県内の産業や歴史を学んでいける・・・とされたマンガで、埼玉県・広聴広報課が発行。

子供から大人まで楽しめると書かれているのだが、その内容があまりに”自虐ネタ”だと話題に。

第一章「転校なんて絶対しない!」では、主人公が埼玉へと転校となることから始まる。

しかし、主人公のシンジくんは絶望的な顔から「そんなとこ知らない!」と言い放つ。県が発行しているマンガにも関わらずなんともネガティブであり、そのシュールさを楽しんでいる人が多いようだ。

■『埼玉県のひみつ』 第一章より

埼玉県のひみつ 第一章

埼玉県のひみつ 第一章2

http://saitama.bss-net.jp/bookshelf/10001150218001.html

 

■ネットでの反応は・・・

友人の転校に絡めた真摯なストーリーで思ったより力作だった。リンク先はiPhoneで読めたがちょっと重いので後でPCで読む

あのコマだけ切り出したから自虐っぽくみえてるわけじゃないな

埼玉出身にはあんまりな台詞で始まる漫画、忘れかけてた?埼玉県の魅力を思い出して楽しかった

紙でほしい。他の酒蔵めぐりとかも読んでみたい ブックシェルフ埼玉すばらしい

なんで学習まんがに出てくる女の子は萌え漫画よりかわいいのか

俺も引越し当初、埼玉はローカルテレビしか入らないと思って絶望してた

この少年の気持ちは痛いほどわかるんデスヨネ

軒並み好評なようです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑