「妖狐×僕SS」(いぬぼく)の漫画家、藤原ここあ先生が31歳の若さで死去

公開日: : サブカルNews, ラノベ・小説・漫画

――【訃報】「妖狐×僕SS」(いぬぼく)の漫画家、藤原ここあ先生が31歳の若さで死去

アニメ化も果たした「妖狐×僕SS」などの作品で知られる漫画家の藤原ここあ先生が31歳の若さで、3月31日に死去していたことが、8日わかりました。

「ガンガンJOKER」が公式サイトで伝えています。

いぬぼく

「ガンガンJOKER」が公式サイトで伝える

訃報

漫画家の藤原ここあ先生は、平成27年3月31日にご逝去されました。
生前ご愛顧を賜った読者のみなさまに、謹んでお知らせ申し上げます。
編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

株式会社スクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部

http://www.jp.square-enix.com/magazine/joker/

藤原ここあ先生死去

3月31日に、死去していたことが分かった。

すでに葬儀は、近親者のみで執り行われたといい、死因は明かされていない。

かつて魔法少女と悪は敵対していた

1999年に15歳で漫画家デビューした藤原ここあ先生。「ガンガンJOKER」で09年より連載された「妖狐×僕SS」はアニメ化もされるほどの人気だった。

また、13年からは同誌で「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」を連載しており、完結に至る前に今回の訃報となった。

同誌は、「2015年3月20日に発売いたしました4月号掲載分にて、最終回とさせて頂きます」と発表しており、単行本や未掲載分の刊行など今後については随時ホームページで発表する。

ネットの反応

突然の死去に、事故ではないかとの声多く、先日引っ越したばかりだったようだ。

ツイッターもつい先日まで更新されており、元気な様子をみせていた。

ネットでは、「31歳。これからというときに・・・」「いぬぼく大好きでした」「今までお疲れさまでした。」と悲しむ声が多数寄せられている。

いぬぼく、マンガもアニメも大好きでした。ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑