パズドラ人気継続、ガンホー純利益320億と最高更新 今後は海外展開や新ゲームが鍵

公開日: : ゲーム, サブカルNews

――『ガンホー』1~6月期の純利益320億円

リリースから約2年半が経つ『パズドラ』だが、その人気は未だに右肩上がりだ。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが29日に発表した2014年の1月~6月期(半期)の決算では、純利益が前年同期比で14%増の320億円だった。

この数字はガンホーにとっての過去最高を更新となる。

利益の増加には、未だに人気のスマートフォンゲーム『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』の人気が継続していること、また、その利用者からの課金収入が伸びていることが挙げられた。

パズドラ

参考元→http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLASGD29H2X_29072014DTB000

<記事によると・・・>

「パズドラ」人気は未だ衰えることを知らず、今回の決算発表でも320億円の純利益に繋がった。

国内では、1月~6月期には約600万件の新規ダウンロードがあり、その累計は2800万件を突破。

この圧倒的なユーザー数を背景に、ゲーム内でのアイテム、特にゲームを効率的に進めるために必要となる1個100円の「魔法石」というアイテムからの課金収入を伸ばした。

その売上高は26%増の943億円となり、ガンホーの収入のうち9割以上を「パズドラ」からの収入が占めた。営業利益も19%増の537億円と2桁の伸びを示し、最高益となった。

配信からすでに2年半が経つパズドラだが、未だ人気は衰えをみせず、ユーザー数も右肩上がりが続いている。1~6月期のペースが今後も続いた場合、12月の決算でも再び最高純利益を更新する可能性が高い。

ただ、その一方で、市場の評価は一進一退だ。株価は600円台前半で、1年前の株価水準のほぼ半値となっている。

これはスマホゲームというものが人気の浮き沈みが激しく警戒されていることと、爆発的な利益拡大が現在見込めないのでは、という市場の見方が影響している。

特に後者に関しては、国内では飽和し始めた(スマホユーザーの大半に行き渡った)ことが懸念される。今後の成長、市場の期待を呼び戻すためには、再び”成長力”を高めることが条件となる。

これからは海外で伸ばせるかどうかが1つのポイントとなりそうだ。

米とアジア、欧州を合わせたダウンロード数は、6月末までに700万件前後に到達したようだが、その伸び方は国内に比べれば鈍い。

中国での展開も準備中ではあるが、国内のような課金収入にどのようにつなげるかは今も模索中である。

今後ガンホーは、このような海外展開や新ゲームの投入などでの”成長力”を維持出来るかどうかが鍵となりそうだ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑