『ばらかもん 5話』登場の”このもん”とは?作り方やレシピ、味を紹介

公開日: : アニメ, サブカルNews

今週の『ばらかもん』 第5話「うんにおえぎいっ」にて、主人公が中毒になっていた漬物「このもん」

アニメ内では何の説明もなかったので、気になった人も多いのではないでしょうかw

「このもん」は、香の物→このもの→このもん、と訛ったものらしく、その名の通り漬物のようなもの。大根を干して、砂糖多めの独特な漬け汁で漬けた食べ物です。

主人公・半田清舟先生がタッパー全て食べきってしまっていたようにクセになる味わい。ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

このもん ばらかもん

■このもん レシピ

作り方は至ってシンプル。シンプルなものほど美味しいというのは大体マジ。

1,いちょう切りの大根を干す
2,漬け汁に漬ける

これだけです。

干すポイントは、風通しのいい場所で、今の時期なら短時間でおk。大きめのザルに並べましょう。

あまり干し過ぎてカチカチにするよりも、少し生の状態というか、触ってしっとりしている程度の方がいい。その分だけ水分を含み保存には適さなくなりますが、多分すぐ食べ終えるので平気です。

このもん 大根干し

漬け汁は、漫画原作(ばらかもん2巻に収録)を再現するのであれば、砂糖5合/酢1合/薄口醤油1合/

このもんレシピ

少し甘さを抑えたいのであれば、(大根1本に対して)砂糖180g/酢90cc/醤油90cc くらい。

干している間に漬け汁作成。

酢と醤油を沸騰させ、砂糖を投入。砂糖が溶けるまで火にかける。砂糖が溶けたら冷まします。砂糖が多めに入るので、ドロっとしています。

あとは干した大根を2日くらい漬けたら食べごろ。漬ける時にお好みで「鷹の爪」を入れるのもあり。ピリッとした辛さがアクセントになって、さらにクセになるような味に。

漬け時間や干し時間、漬け汁の配分などで味がだいぶ変わるので好みの味に調整しましょう。

また、ちょいたしレシピとして、食べる前にごま油を少し垂らすことで、おつまみのような香ばしさになるのだとか。

このもん

さて、そのお味はというと・・・

投入する砂糖の量で想像がつくのですが甘いです。みたらし団子のような甘さとでもいうのでしょうか。

想像している”漬物”とはだいぶその味は異なり、ご飯に合う味というよりはお茶うけやおつまみに近い。「はりはり漬け」に似ているかも?って感想を抱く方もいるみたい。

そしてこの甘さが本当にクセになる。ばらかもんの主人公ではないですが、手の届く位置にあったらポリポリつい口に運んでしまう感じ。

「ばらかもん」の中で本当に美味しそうに食べられている『このもん』。ぜひ作ってみてはいかがでしょうか!

ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE) ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE)
ヨシノ サツキ

スクウェア・エニックス

Amazonで詳しく見る

レシピなど参考サイト

http://matome.naver.jp/odai/2140032077954047201

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1130005975/

http://umanga.blog8.fc2.com/blog-entry-289.html

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. bean bag より:

    Thank you for this marvelous article. How much of an effect, if you think there will be any, might this new event have on the current state of affairs we are seeing right now? I really had no knowledge of any of this was going on before visiting this blog. I have truly enjoyed browsing your page posts. Be reserved with time limits. You sure have a lot of info on this subject.

    https://dokuwiki.stream/wiki/Top-latest-Five-wholesale-beanbag-chairs-Urban-news

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑