ジャンプの人気漫画『黒子のバスケ』が連載終了?NEXTへの移籍との噂も

公開日: : サブカルNews, ラノベ・小説・漫画

――「黒子のバスケ」来週で連載終了か?

週刊少年ジャンプで大ヒット連載中の漫画『黒子のバスケ』が来週発売の9月1日予定号で連載終了するのではないかと大騒ぎになっている。

というのも、最終ページと思われる写真がネット上に流出しており、そこには、

「ご愛読ありがとうございました!!藤巻先生の次回作にご期待ください!!」

と連載終了のお知らせが書かれているのだ。

黒子のバスケ 連載終了

ネットでは「あんな事件もあったし無理もないかも」といった反応も多く、連載終了を信じている人もいるようだが、今週のジャンプ最新号では何の告知も出ていないので、真相は不明だ。

ただ、今週の「黒子のバスケ」のストーリー内容としては、全国大会の決勝戦がついに決着を迎え、確かに区切りとしてはこれ以上ないほどのタイミングともいえる。

■黒子のバスケ

2009年2号から連載が始まった「週刊少年ジャンプ」で連載のバスケ漫画(作者:藤巻忠俊)

一時は「打ち切りになりそう・・・」なんて噂もあったが、ジャンプならではの少し”非現実的な”バスケットが話題となり、絶大な人気を獲得。

(余談:このときの登場人物の緑間くんの超ロング3Pシュートは「打ち切り回避シュート」なんて呼ばれたりもする。)

それからは少年誌に掲載されているにも関わらず、BL好きのいわゆる「腐女子」から支持を集め、全国各地で開催される即売会などのイベントではこうした女性が殺到した。

これまでの単行本は27巻、累計発行部数は2700万部を超える大ヒット漫画である。

また、世間でも騒がれた脅迫事件が起こり、上記の「あんな事件もあったし」というのは、この事件を指している。

12年10月から脅迫事件が起こり、イベントを中止させる目的で犯人は「喪服の死神」「怪人801面相」を名乗り、薬物を置いたり、脅迫文をイベント会場やメディアに送りつけたりする騒動が続いた。

犯人は13年12月15日に東京で脅迫文をポストに入れる際に逮捕されている。

■ネットの反応

終了を思わせる情報の拡散に、ネットの反応では、

「腐女子が発狂するぞww」
「まぁあんな事件、負の騒動が続けばやめたくもなるわな」
「出しきった感もあるしちょうどいいんじゃない」
「人気漫画をすんなり終わらせるとは最近のジャンプにしては珍しいな」
「素晴らしい引き際だろ。評価するわ」

などのコメントが見られる。

■ジャンプNEXTに移籍?

誠凛優勝

終わり方としては違和感ないタイミングではあるが、人気漫画の連載終了について最新号でなんの告知もないというのはありえるのだろうか。

また、15年にはTVアニメの3期は予定されており、新作ゲームのリリースも近い。メディアミックス展開からすると不自然でもある。

流出した画像では、

「12月発売予定のジャンプNEXTでキセキが起きる!?詳細は続報を待て!!」

との告知も見て取れるため、隔月刊漫画誌「少年ジャンプNEXT!!」に移籍して連載は続く、と考えている人もいるようだ。

週刊少年ジャンプで人気だった連載が一度終了して、続きを系列雑誌で連載することは珍しくはない。

“スポーツ漫画”でも「キャプテン翼」「テニスの王子様」などがこれに該当し、移籍後も人気は衰えていない。

ジャンプ編集部の回答は、

「こちらでは何の情報も出していませんし、単なる憶測で語られているだけだと思います」

とのことで、情報は不確かだ。

しかし、来週のジャンプで何かしらの発表がなされる可能性は高く、注目が集まっている。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑