キノの作者による「ソードアート・オンライン」が12月に刊行!SAOゲーム第3弾も制作決定

公開日: : アニメ, ゲーム, サブカルNews

――キノの作者によるもう一つの「SAO」が刊行! 他、ゲーム第3弾も制作決定

12月10日、電撃文庫から発売が決まった『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインI ―スクワッド・ジャム―』。

本作の作者は「キノの旅」シリーズで知られる時雨沢恵一。ソードアート・オンラインの作者・川原氏監修のもと執筆される。

時雨沢恵一の描くソードアート・オンラインの世界とは?電撃文庫の有名ラノベ作家によるコラボ作品に注目が集まる。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインI ―スクワッド・ジャム―

電撃文庫 緊急特報→http://dengekibunko.dengeki.com/i/tokuho.html

■ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインI ―スクワッド・ジャム―

『キノの旅 the Beautiful World』の時雨沢恵一の手によって、もう一つの『ソードアート・オンライン』世界が誕生する!

著/時雨沢恵一
イラスト/黒星紅白
監修/川原 礫
2014年12月10日、電撃文庫より発売決定!!

TVアニメ『ソードアート・オンラインII』の銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》編。
その銃器監修を担当した時雨沢恵一だからこそ描くことができた、新たなSAOワールドがここに!

■あらすじ

身長183cmの女子大生・小比類巻香蓮。思春期からの長身コンプレックスが災いし、《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女。
その人生を一変させたのは、《SAO事件》後、再び盛り上がりを見せるVRMMO――《ガンゲイル・オンライン》だった。

身長150cmにも満たない理想のヴァーチャル”チビ”アバターを手に入れた香蓮は、全身ピンクの戦闘服を身に纏い、プレイヤー”レン”となって銃と疾風の世界を縦横無尽に駆け回る!

そんなレンの前に突如現れた褐色肌の美人プレイヤー”ピトフーイ”。
GGO内ではレアな女性プレイヤーと意気投合したレンだったが
――ある日、最強ガンナー決定戦《BoB》から派生したチームバトルロイヤル戦《スクワッド・ジャム》への参戦をピトフーイから打診され……。

原作・川原 礫も息を呑む、痛快ガンアクション&緻密な頭脳バトル!
詳細は10月10日発売の電撃文庫MAGAZINE Vol.40をチェック!!

■ソードアート・オンライン ゲーム第3弾も発表

19日、東京ゲームショウ2014のステージにて発表。

『ソードアート・オンライン』の新作ゲームが制作中とのこと。

SAOゲーム第3弾制作決定

SAOゲーム第3弾制作発表

タイトルは『SAOIII(仮)』で発表され、詳細に関しては10月5日に開催される「電撃文庫 秋の祭典2014」で発表される予定だ。

第2弾である『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』も高い人気だったので、第3弾にも期待したい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑