『週刊ジャンプ』の電子版と、アプリ「少年ジャンプ+(プラス)」が創刊

公開日: : サブカルNews, ラノベ・小説・漫画

――「週刊少年ジャンプ」の電子配信と、アプリ「少年ジャンプ+(プラス)」が配信開始

22日、集英社・週刊少年ジャンプは、電子配信を始めることを発表。

さらに「少年ジャンプを超える」という目的を掲げた少年ジャンプ+が創刊された。

■電子版同時配信が開始!

「週刊少年ジャンプ」の電子版での購入が可能になった。

今後は、紙の媒体(雑誌)と同じ発売日の午前5時より配信・購入可能になる。

価格は紙媒体よりやや高い単体300円。

月額で購入する場合には、900円となり、紙媒体よりもやや安くなる仕組みだ。

また、デジタル限定でカラーマンガを掲載するなどして差別化を図る、とも説明している。

■少年ジャンプ+(プラス)創刊

合わせて、スマートフォン、タブレット向けのアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」の無料配信を始める。

「黒子のバスケ 番外編」や「ヘタリア」の新連載、オリジナルの無料マンガを25作品以上が連載。

さらに、荒木飛呂彦さんの新作読み切り「望月家のお月見 岸辺露伴は動かない エピソード4」を掲載。

「ドラゴンボール」(月曜日)や「ワンピース」(火曜日)、「るろうに剣心」(土曜日)などを復刻連載もする。

増刊マンガの配信などは過去にあったものの、定期刊行の漫画誌を紙と電子版とで同時展開するのは初めてのこととなる。

集英社の説明では、「電子媒体にも展開することで多くの読者の取り込みを図るのが狙い」だということだ。

ネットでは、

「電子版なら紙より安くないと買う気にならん」
「月額で買えってことか」
「なんか流行りそうにないな」
「家に分厚い雑誌がどんどん貯まらず済んでいいな」
「コンビニでジャンプと一緒に飲み物やら食べ物買わないで済むから助かる」
「そんなことより作品ごとのバラ売りして欲しい」

などなど意見は様々なようだ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑