『ナルト』11月10日(50号)にて完結 ナルトvsサスケの結末やいかに

公開日: : サブカルNews, ラノベ・小説・漫画

――『NARUTO―ナルト―』遂に完結へ 11月10日発売のジャンプで終了

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載15周年を迎えた岸本斉史氏の『NARUTO―ナルト―』が、11月10日発売の『週刊少年ジャンプ』50号で完結することが、6日、同誌公式サイトで発表された。

今週号(45号)から数えて、あと5週での終了となる。

1999年から始まった人気作品がついに完結を迎える。

『NARUTO―ナルト―』遂に完結へ

ソース→http://news.livedoor.com/article/detail/9328920/

■ナルトついに完結へ

『NARUTO -ナルト-』は、岸本斉史による週刊少年ジャンプで連載のマンガ作品。

1999年43号から連載していた。単行本は2014年10月時点で70巻まで発刊中。(71巻が11月4日発売)

主人公と仲間の友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、諸国の忍とのド派手な戦いが繰り広げられるバトルアクション作品。

本作の人気は連載当初から順調に伸び、『ONE PIECE』と並ぶ『週刊少年ジャンプ』の看板作品となっていた。

特に、海外では極めて人気が高く、2000年代を代表する『ドラゴンボール』の後継作品として認知されており、全世界での累計発行部数は2億部を突破している。

週刊少年ジャンプ最新号(45号)では、無事カグヤとの戦いに勝利したナルトとサスケだったが、”火影”を巡る見解の相違から「友として」最期の戦いを迎えたところだ。

50号ではこの戦いに決着、ナルトの話に結末を迎えることとなる。

また、「NARUTO新時代開幕プロジェクト」が進行中だ。

原作・キャラクターデザイン・ストーリー監修を岸本氏が務める、2年ぶりの劇場版アニメ最新作『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の公開を12月6日に控え、プロジェクトの一環として来年『NARUTO―ナルト―展』(仮)の開催が決定している。

■ネットの反応

15年もジャンプで看板であり続けたまま終わるか。途中ダレた気もするが素晴らしい。

ナルトはジャンプでずっと追ってきたから最後まで付き合いたい。

最後の最後まで搾り取ろうとする集英社のやり方はあんま気に入らないけど、岸本先生15年間お疲れ様でした。

ついに終わってしまうのかあ…ナルトvsサスケでまた引っ張るのかと思ってたのですが。黒子終了、ハンター無期休載状態でジャンプも大胆なことするなあ。

なんだかんだ言っても、小学生のときぐらいから接してきたこの作品が終わるのは感慨深いものがあるな・・・(´;ω;`)

遂に終わってしまうのか…。よく言われてるかもですが、中忍試験とかがマックスだったような気はしますが、やはり終わってしまうとなると寂しいですね。

20代後半~30代前半くらいだとリアルタイムで最初から最期まで追いかけたマンガになるんじゃないでしょうか。感慨深いですね。

ラスト、楽しみにしましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑