『火ノ丸相撲』単行本2巻発売を記念して、ジャンプが懸賞

公開日: : サブカルNews

――『火ノ丸相撲』単行本2巻発売を記念して、ジャンプが懸賞を出すことを決定

11月9日(日)~23日(日)まで福岡国際センターで開催される、大相撲十一月場所の東の横綱・白鵬翔関に『週刊少年ジャンプ』(集英社)が懸賞を出すことが決定した。

『週刊少年ジャンプ』が大相撲に懸賞を出すのは、1968年の創刊以来初めてのこと。

今回の決定は、『週刊少年ジャンプ』で好評連載中の相撲マンガ『火ノ丸相撲』のコミックス2巻が11月4日(火)に発売されたことを記念してのことだということだ。

白鵬関の取り組み前に『火ノ丸相撲』の主人公・潮火ノ丸が描かれた懸賞幕が土俵を回る。

火ノ丸相撲 懸賞

集英社の発表→http://www.shonenjump.com/j/sp_hinomaru/

■『週刊少年ジャンプ』(集英社)が初の懸賞

懸賞金をかけた企業が(取り組み前の)懸賞幕を出すことが出来る。

懸賞を出しますと、その日の大相撲会場入場者全員に配られる取組表に印刷され、取組直前には場内放送で読み上げがあります。
土俵上で呼出しが揚げる懸賞旗には、大相撲をご観覧になる多くの皆様の注目が集まります。
力士の取組はもちろんですが、またひと味違う場内風景を体感できます。

日本相撲協会

火ノ丸相撲特集ページでも説明。

相撲懸賞

懸賞の他に、『火ノ丸相撲』のコミックス2巻の発売を記念として、11月7日(金)昼12時から、大相撲十一月場所の千秋楽である11月23日(日)23時59分までの期間限定で、週刊少年ジャンプ公式サイト内の特集ページで、『火ノ丸相撲』第1話から第3話までの試し読み企画も実施される。

■火ノ丸相撲

『週刊少年ジャンプ』(集英社)2014年26号より連載されている漫画(作者:川田)。

階級のない相撲に不向きな小さな体格でありながら、頂点・横綱を目指す主人公・潮 火ノ丸の物語を描く。

連載開始当初は、「ジャンプで相撲?!」との見方をする人も少なくなかったが、非常に熱くなれる展開や久々に王道をいくスポ根モノとして、短期間で人気が爆発。

「ぼくのヒーローアカデミア」と共に、次世代のジャンプの看板漫画になるのではないかと、期待・注目している声の多い作品である。

実際面白い!

弱小校ながら今後が期待出来そうな仲間が集まったり、恵まれない体格からの努力でのし上がる主人公だったり、とにかく久々にまともなスポ根といった感じ。

個人的には、佑真さんが強くなってほしいなあw

ぜひ試し読み出来るうちに、読んでいない人は読んでみてはいかがでしょうか。

■単行本

火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックス)
川田

集英社

Amazonで詳しく見る

 

火ノ丸相撲 2 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 2 (ジャンプコミックス)
川田

集英社

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑