「基本プレイ無料」のゲームにも遂に陰りか?ビジネスモデルは下降傾向に

公開日: : ゲーム, サブカルNews

――「基本プレイ無料」のゲームにも遂に陰りか?ビジネスモデルは下降傾向に

オンラインゲームやモバイルゲームの調査会社SuperData Researchによれば、ゲームの『基本プレイ無料』に一種の揺り戻しがあるとのことだ。

トロントで行われたカンファレンスで、同社のCEOは、「いくつかのジャンルでは基本プレイ無料のビジネスモデルは下降傾向にあり、その一方でWorld of Warcraftの拡張パックのようなプレミアム価格の商品は、お金を払う気がある人にとっては健全な市場で需要がまだある」と指摘した。

基本プレイ無料

参考元→http://kultur2.blog.fc2.com/blog-entry-2562.html

■「基本プレイ無料」の限界?

いくつかのジャンルでは、基本プレイ無料のビジネスモデルに陰りがあるようだ。

これはある程度の限界を迎えたことが原因だとされる。

モバイルでのゲーム市場の3/4は、この「基本無料」のマネタイズモデルなのだが、中には、ゲーム内アイテムの購入に悩まされたくないと考えるユーザーもおり、その反動が大きくなっているようだ。

また、Free to Play(基本プレイ無料)の規約を変更し、課金があるものを「無料」と宣伝できなくなったことも理由に挙げられ、「確実に停滞状態になる時が来る」と話した。

同時に、「ゲーム内の課金商品を子供に対して宣伝してほしくない。なぜなら、そういった宣伝は悪徳すれすれだからだ」と考えるゲーム会社も存在するようだ。

■ネットの反応

これからどんなゲームが求められるか考え時かも

企業側からすれば基本無料の方が利益が出るんだろうけどね・・・

フリーミアムよりプレミアム。払う価値のあるものなら喜んで払う。無料でもつまらなければ遊ばない。

ガチャは嫌いだけど定額払えばアンロック…みたいなのは構わんよ

自分でこつこつ頑張って手に入れた物だからこそ面白いんだろ。ソシャゲも下降の一途を辿ってるしざまあですわ。

まあこういうゲームが増えたのも、開発費の高騰とスマホの台普及が理由なんだけどね

パッケージ版もあっちはあっちで有料DLC地獄だけど

『パズドラ』や『艦これ』のように認められるゲームもあるから売り方次第

米調査の報告なので、日本とは必ずしも状況は一致しませんが、当てはまることは少なくないとは思います。

「基本プレイ無料」に嫌気がさしている人は確実に増えていますからねぇ。

基本プレイ無料の”巧妙”な収益化戦略はコチラの記事に詳しいので、読んでみるのもいいかもしれません。

“スキルゲーム”が明確に”マネーゲーム”になってしまった瞬間が分かると萎えますよね・・・。

基本無料(F2P)ゲームで課金させる巧妙な収益化戦略が明らかに ―GIGAZINEさん

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑