グリー「日本でうまくいったことは全部外れた」 海外進出の挫折を語る

公開日: : ゲーム, サブカルNews

――グリー「日本でうまくいったことは、ぜんぶ外れた」 海外進出に挫折

3日〜4日、京都にて開催されたイベント「Infinity Ventures Summit 2014 Fall Kyoto(IVS)」。

海外進出の状況を尋ねられたところ、グリーは「日本でうまくいったことは、ぜんぶ外れた」と振り返った。

グリー 海外進出

参考元→http://jp.techcrunch.com/2014/12/03/jp20141203ivs-1a-global/

■海外進出の挫折

イベント「Infinity Ventures Summit 2014 Fall Kyoto(IVS)」。

indeed CEO&Presidentの出木場久征氏、グリーの青柳直樹氏、PARTY Creative Director/Founderの川村真司氏がそれぞれ「グローバルで活躍するプロフェッショナルの条件」をテーマに語った。

青柳氏は「まず、日本でうまくいったから米国でもワークすると思ったことは、ことごとく外れた」と振り返る。

ソーシャルゲームで好調だったグリーだが、日本で手がけてきたゲームやそのマーケティングノウハウといった成功の体験やパターンというものはほとんど通用しなかったという。

グリーは、ゲームがまさにブラウザゲームからスマホへとプラットフォームが変わる過渡期でもあった2011年に米国へ進出。

しかし、あちらでは通用しなかったこと、他にも、ビザの取得や人材採用など様々に課題があったことを話した。

ビジネスの違いを学ぶまで1、2年かかったそうだ。

■ネットの反応

そらそうよ。

ステマとガチャが法規制されてるところでは勝てませんでしたか…

英語圏ならsteamに数ドルの良ゲーが大量にあるからなあ

あんなガチャみたいのに騙されるのは日本人くらいなもんだ

早く「任天堂の倒し方」とか言うのを教えて下さいw

むしろなぜ日本と同じでいけると思った・・・。あっちのゲームやったこともないまま進出したのかな

そもそもGREEのゲームに面白いのなんてあったっけ・・・

日本人は殆どが暇潰しだからな。あちらののソーシャルゲーってモバイルでチマチマやる類のものじゃないんでしょ?

違う土壌に同じ種植えても芽は出ない

ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足 ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足
深田 浩嗣

ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング : 88186

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑