再放送では勝てないよ…大晦日のフジ「劇場版ワンピース」が平均視聴率3.3%と爆死

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 アニメ, サブカルNews

――大晦日に放送された、フジテレビの「ONE PIECE」が平均視聴率3.3%と爆死

2014年の大晦日。

毎年恒例の「紅白歌合戦」や「笑ってはいけない」などが放送される中、フジテレビは「アニメ放送15周年記念作品 ワンピース エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜 2014年特別版」を放送した。

放送前から、アニメ放送ということで異彩を放っていたフジだが、平均視聴率が3.3%と、やはりというべきだろうか、惨敗に終わったようだ。

「アニメ放送15周年記念作品 ワンピース エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜 2014年特別版

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150102-00000061-spnannex-ent

■フジ、2014年も爆死

NHKは「紅白」、日テレは「ガキ使」で例年どおり勝負した大晦日。

恒例の人気番組が今年も登場する中、TBSはMCにビートたけしと爆笑問題を起用し、世界のトップアスリートがそれぞれの極限パフォーマンスに挑戦する「7大対決」を目玉にしたスポーツバラエティー番組。

テレビ朝日は「くりぃむしちゅー」と人気予備校講師の林修氏をMCに起用し、総勢150名によるクイズバトルが繰り広げられるクイズ番組を放送するなど、

各局勝負に出たが、そんな中異彩を放っていたのがフジの「劇場版ワンピース」

結果は、平均視聴率3.3%と惨敗に終わった。異彩を放ち”話題”は呼んだものの、話題だけに終わったようだ。

同作は、新作映像を追加したとはいえ、08年に公開された劇場版第9弾の作品であり、テレビでもすでに「土曜プレミアム」で放送されたこともある(2011年)。なぜこのチョイスだったのだろうか…。

フジテレビは、2013年の大晦日にも、現役アスリートの対決や過去のスポーツ名場面を特集した「祝! 2020東京決定スペシャル スポーツが日本を元気にした50年!」を2部構成で4時間にわたって放送するも、1部が2.5%、2部が2.0%という低視聴率に終わっており、2014年も、その失敗は生かせなかったようだ。

一方、NHKの紅白歌合戦は、13年よりも多少視聴率を落としたものの、前半(第1部)は35.1%、後半(第2部)は42.2%と高視聴率だった。

他、紅白の裏番組平均視聴率は以下の通りとなっている。

■日本テレビ

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP」

18.7%(後6:30)

16.0%(後9:00)

■テレビ朝日

「くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー」

8.8%(後6:00)

5.9%(後7:00)

5.4%(後11:45)

■TBS

「年またぎスポーツ祭り KYOKUGEN2014」

5.6%(後5:50)

9.9%(後6:00)

8.3%(後6:30)

9.0%(後8:30)

3.4%(後10:10)

■テレビ東京

「第47回年忘れにっぽんの歌」

5.8%(後5:00)

「プロボクシング THE BEST OF BEST 大みそか2大世界戦SP」

5.6%(後9:30)

■フジテレビ

「THE FACE OF 2014 世界が選ぶ今年の顔アワード!!」

4.0%(後6:00)

「ワンピース エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」

3.3%(後9:00)

「2014→2015ツキたい人グランプリ~ゆく年つく年~」

2.5%(後11:00)

<記事へのネットの反応>

2年連続地上波最下位か。しかも今年は試合放棄に等しい惨敗。せめてバットを振らなきゃ、球は前に飛ばない

まぁ何やっても視聴率取れないだろうからアニメで正解だったんでしょう

フジテレビは不振が続いてますね 確かに最近フジテレビあまり見ないなあって思います

過去に放送したことあると、注目は取り辛い…

新作ならまだしも再放送では勝てない。本気で数字を獲りにいくなら、ワンピース以外でも新作で勝負しないと話にならない

勝ち目がないとわかったら、最初から勝負しないというのも正しい判断である。でも、まさかフジがテレ東に負ける時代が来るとはね

各局趣向を凝らして勝負してんのにオリジナルストーリーですらないこの体たらくに相応の数字

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑